もし日本語教師がアラビア語を勉強したら
日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編を経て、日本生活復帰編に突入します!

研修アウトプット②教師が生き残るために

お世話になっているベテラン日本語教師の方が開催している勉強会に参加しました。
テーマは「言葉を教える」から「学ぶ人が言葉を自律的に学んで使う場のデザイン」へと変化する教え手の役割でした。
このテーマの背景には、インターネットの普及に伴って気軽に語学学習ができるツールがたくさんある中で、教師は必要なのか、必要ならばどんな役割が必要なのか?という大きな問題があります。

前回の投稿にも関係がありますが、教師という仕事は教室の中で教えることのように思えますが、いまや教室の外に数え切れないほどの学習者が存在します。

語学は特にアプリも学習サイトも充実していて、自分で学べることがたくさんあります。
私がヨルダンで教えていた学習者たちも、初級1のクラスに参加する際にひらがな、カタカナがすでにできていて、漢字もいくつか知っているという学習者が何人かいました。彼らは自分でアプリや学習サイトを探して勉強していたのです。
また、ヨルダンではレベル4までの教室が当時はありませんでした(私が中級クラスを不定期でやりましたが、基本は初級のみ)。
だから、初級が終わった学習者たちは自分で素材を探して勉強しなければいけない状態でした。
その時に彼らが用いたのは、日本人の友人や本、そしてやはりインターネット上にある様々なサイトでした。
このように自分で学ぶ=自律的に学んでいる学習者は、教師がいるいないに関わらず上達しています。
もちろん人にもよりますが、私の知っている学習者の中でもアニメを見たり日本人の友人とチャットするぐらいしか日本語と関わっていませんが、それでも流暢に話せるようになっている人がいます。

では、教師はいらないのか?
というと、そうではありません(と信じたい)。
勉強会を通して学んだのは、教師が不要なのではなく、教師の役割が「教える」だけにとどまらなくなってきた、ということです。

教師=教える人、ではなく、自律学習を促進したり、モチベーションを維持または上げたり、学習方法を紹介したり、言語を使う場を作ったり、、と役割が広がっている、増えているんです。
(わー、がんばろう無間地獄ふたたび!)

でもこの流れは確実にキテますキテます、、、って別にスプーンは折れませんが、今までと同じように教えている教師だったら折れちゃうかもね。むしろ消えちゃうかもね。という恐ろしい予言をいただきました。


という夏にぴったりの怖い話でした。

でもまあ前向きに考えれば、教師の可能性は無限大ってことですね!!
インシャアッラー(神さまの御心のままに)!
スポンサーサイト

違いのわかる日本語教師って響きがイイ

「違いのわかる日本語教師」
ダバダ〜ダバダ〜ダ〜♪
なんてものがあったらかっこいいですね。ぜひなりたいです。
(なんの違いがわかるようになればいいのか疑問ですが)

休日の昼下がり、ちょっと日本語教育について考えてしまったのでつらつら書きます。
先日、日本語教師の大先輩に、
海外でマンガアニメブームがあるのに、ずっと日本語の文法だけを教え続けた学校の失敗例がたくさんある
という話しを聞いたからです。

ヨルダンでも同じです。

日本語学習者の8割ぐらいがアニメマンガがきっかけで日本語を学び始めています。
そのうちの3〜4割はアニメマンガをたくさん見ているので、語彙や文法をたくさん知っています。
そんな彼らに対して従来の文法中心の教え方は果たしていいのか?とずっと思ってきました。

今の時代、ツールはいろいろあります。
それをどう使いこなすのか。
何を使えば良いのか。
そういったことを紹介するのも教師の役目なのかな、と思います。

それに、ヨルダンで日本語を教えていると、日本語の授業は文法を教えて使いこなせるようになることだけが目的じゃないな、と肌で感じます。

そのためにいろいろ試行錯誤はしているのですが、例えば、初級で「いくらですか?」「〜えんです」という文法を勉強して、練習として「エリンが挑戦!にほんごできます」第6課 ねだんをきくのスキットを見せます。

エリンちゃんがバスに乗って値段を聞いて払うシーンです。
これをヨルダンの学習者に見せるといろんな発見があります。
例えば、
バス停があるんですね。
とか、
1列で並んでいる!
とか、
え?おつりって自動的に出るんですか!?!?
とか、
まあ、いろんな発見があります。
なぜなら、ヨルダンでは、ほぼバス停というものが存在しません
手を上げてバスを停めて乗るのが普通です。
そして当然1列で並びません。もちろん!
さらにバスにはバスコントロールのお兄さんがいて、おつりはその人からもらいます。
大きいバスではコントロールのお兄さんがおらず、バスドライバーがおつりの管理をしています。
でも、たまにおつりがないときは、客同士でおつりのやり取りをすることもあります。
(「誰か両替して!」とドライバーが叫ぶとお客さんが小銭を持ってきます)
といった生活の違いを知ることができます。

そこで、「日本は自動でおつりがでるのはすごいね〜」という意見もあれば、「ヨルダンのほうがどこからでもバスに乗ることができて便利だよ〜」といって意見交換ができます。

なるべくこういった意見が出てきたときは、日本が良い,ヨルダンが良い(or悪い)という話しになるのではなく、
「みんな違って、みんないい」by金子みすゞ
の精神で考えるように伝えています。

ヨルダンで日本語を勉強している人は、語学としての日本語を学びたいだけの人は少ないです。
なので、いろんなツールを使ったり紹介したりして、学習者の人生観というか視野を広げられるように気をつけています。

たとえ日本語を全て忘れてしまっても学習者の人生にプラスの何かを伝えられる教師になりたいです。
それがダバダ〜ダバダ〜な教師なのかもしれません。

(でもできれば日本語も文法も忘れてほしくないですが・・・)

自由すぎると束縛を求めるのはひとのさがかもしれない

9月に始まった初めての学期もなんとか終了。
最初はいろいろ頑張るぞ!と思ったものの、12月には毎回授業をするだけで精一杯という体たらく・・・悔しいですが、仕方ない。カケポん(駆け出し日本語教師)だもの。
と、ちょっと言い訳。

で、振り返って悔しいことはいろいろありますが、その一つがテスト

まあ、期末テストが大雪により振替になって、振替日にエジプト行きのチケットを買っていたので無理矢理T先生に押し付けたという苦い思い出(というかごめんなさい)がありますが、それだけでなく悔しかったのが、

つまらない。

ということ。

特に期末テスト。

わたしはどうやったら一学期分の内容をテストにおさめるか、重要な文型はどれか、今までの授業で間違えが多くて復習のときも何度も繰り返したものは出さなきゃ、同じ形式の問題ばっかりじゃつまらないから選択肢の問題で、ここは自由作文で、ここは・・・

なーんてことばっかり考えて、結果つまらない!がっちがちのテストを作ってしまいました。

いや、それでも良いかもしれないのですが、なにが「がっちがち」だったのかというと、
学習者の自由意志によって書ける内容が少ない、ということ。

たとえば、わたしのテストには最後に文作りがあって、

1)あなたの とくぎは なんですか?
 ______________________
 (例:わたしは にほんごが はなせます)

みたいな自由に書ける部分はあるものの、他の問題は、

2)( )に ただしい ことばを 書いてください。
 ①かいしゃ (  ) おくれます。
 ②Aさんは うちに (    )かもしれません。かばんが ありませんから。

みたいな、答えが1つしかない問題ばかりでした。

このことに気がついたのはT先生のテストを見させてもらったからです。

T先生のテストは、いろんな人や物が書いてあるイラストがあり、
「この絵を見て、気づいたことをなんでもいいので書いてください」
という出題。
だから、イラストの中の女の子に注目して、

「これはだれですか」「いもうとです」でも正解。
「Noorさんは かわいいです」でも正解(名前も創作してOK)。
「ここは わたしの いえです」でも正解(自分に置き換えてもOK)。

なんか楽しい!!!

さらに、

「T先生は背が高いです。ハンサムです。髪が短いです。足が大きいです・・・」
という文章のあとに、
「文に合うイラストを書いてください」
という問題があったり・・・楽しいカティール(とても)!!!

なんだかT先生の学習者がうらやましくなり、そして私のクラスの皆さんにごめんなさいという気持ちになりました。

来期は「自由」をテーマにテストを作ろう。インシャアッラー。

もちろんJLPT向けや受験勉強だったら正解はひとつじゃないと困るかもしれませんが、ここはヨルダン。
楽しんで新しい世界や文化に触れる機会として日本語があるはずなんで、テストにもfunがあってもいいんじゃないかな〜。


JJLPT開催 考察

今週、先週の土曜日を使って、ヨルダンで初(かもしれない)JJLPTを開催しました!

JJLPTとは・・・Jordan Japanese Language Proficiency Test!

つまり、JLPT(日本国内外で受けられる日本語のテスト)の模擬試験です。


いまヨルダンではJLPTを受けられないので、受けるにはエジプトかトルコに行くしかありません。

実際に冬にトルコへ行こうとしている学生がいるので、その練習も兼ねて実施しました。
先週はN5、今週はN4を実施。

N5に来たのは6人で、日本語を勉強し始めて1ヶ月の学生も来てくれました。
(無茶ですが、数問正解していました。ムンターズ!)


N4は3人しか来ませんでしたが、熱心に取り組んでいました。

これをきっかけに学習者が自分の目標を見つけられたら嬉しいです。
そしてヨルダンでも中級コースがスタートできたらいいですね。インシャアッラー。


そして今回のJJLPTの結果を見て、気がついたことがあります。
ヨルダンでは去年からテキストを「みんなの日本語」から「にほんご45じかん」に変えました。
その結果、レベル1から5まで2年半かけて「みんなの日本語(Ⅰ)」を終わらせていたのが、
新しいコースではレベル3で大体同じ内容を終わらせることができます。
かなりのスピードUPです。
当然、全ての文型、項目を教えることは不可能ですが、テンポはいいです。
学生もモチベーションの高いうちにどんどん話せることが広がります。

レベル2になると、毎回新しい動詞のフォームを勉強するので、定着する前に次のフォームを学ぶことになります。さらに「あげます」「もらいます」が新出語彙でさらっと出てくるだけ・・・などなど、「みんなの日本語」で慣れていた私にとっては度肝を抜かれるような早さです。


今回、JJLPTを受けたのは数少ない学生ですが、この中で、旧教科書で2年学んだ学生と、新教科書で1年学んだ学生がほぼ同じ点数でした。むしろ新教科書で学んだ学生の方が良い・・・。
もちろんたった数人なので個人差が関係しているとは思います。
今後もJJLPTを実施して傾向をつかめればと思います。

いずれにせよ、N5は6~8割正解。
N4は5~7割正解。
ネックは漢字と文法。聴解はさすが、耳がいいです。
問題スタイルに慣れればもっと上が目指せそうです。

JLPTはひとつの目安です。
それに縛られず、これからもキラキラした目で学び続けてほしいと願うばかり。

歌から学ぶ日本語

君が好き〜♪ 君が好き〜♪

いや、愛の告白ではありません。

最近、先輩の意思を継いで、授業の開始時に歌を流しています。
A先輩は普段、日本語に触れる機会のない学生の日本語スイッチを入れるため、
そして文化紹介の一環として毎回音楽を流していたそうです。

あれですね。スキーマの活性化ですね。

で、わたしもマネしよ〜と思って歌を流し始めましたが、これがけっこう大変。。。
なぜなら、ただ流すだけではなく、歌詞カード(日本語&英語)を用意しなければいけないから。

でも最近ちょっとコツをつかんで、少し簡単になりました。
(コツについては言えません)

そして、ついでに導入もできたらいいな〜と思って、その日勉強する文型、
もしくは前回導入した文型が歌詞に入っている歌を流すようにしてみました。

これまた、ちょうどいい歌をさがすのが大変なんですが・・・。


というわけで、いままで流した中でいちばんイケているのではないかと自画自賛なのが、
Mr.Childrenの「君が好き」
*ブログの冒頭の謎の歌は、この歌のサビです。

文型はもちろん、「〜が好き」です。



歌を聞き終わってから感想を聞きます。

そして、「タイトルは【君が好き】です。意味はわかりますね?」

と、確認してから、

じゃ、皆さんは何が好きですか?」と質問(我ながら強引!!)
学生も苦笑しつつ、答えていました。

こんな導入、復習もおもしろいのではないでしょうか??

A先輩、素敵なアイデアをありがとうございます!