もし日本語教師がアラビア語を勉強したら
日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編を経て、日本生活復帰編に突入します!

ヨルダンでもらったもの

かれこれ帰国して10ヶ月以上経ちますが、未だにいろんなお土産をもらったなあ〜としみじみ思います。ものだけでなく、価値観や考え方をたくさんもらいました。

今でもつらいとき、ダメになりそうなときに思い出すようにしているのは自分を肯定する心です。

もともとは「〜しなければならぬ」「〜すべきだ」という「ねばならぬべき」精神で仕事もプライベートもけっこう何でもかんでも頑張ります!って感じの人間でした。
だから「ヨルダンに行く前にアラビア語を多少話せるようになっていなければならぬ!」と思い、コツコツ勉強していました。もちろんそれはいいことだと思いますが、ときにそれが息苦しくなることもあります。
私生活でも「xx歳になったら⚪️⚪️ができなければならぬ」とか「休日はたまには外に行くべきである」とか、とにかくいろいろ自分に課していました。
しかも、自分だけでなく、周りの人間や親にも「〜なければならぬ」を押し付けていたと思います。

でもヨルダンに行って、外国語学部の英語学科の学生が英語が全然できなかったり、日本へこれから行くのに日本語が全然できないし勉強すらしなかったり、大学の秘書が仕事もしないしできないしまったくのポンコツでも偉そうに生きていたり...などなど自分だったらそれはダメだろうというボーダーをぶっちぎってくれる人に出会い、そしてそんな人たちも堂々と生きていて...となんだかマイナスな感じですが、決してそういうつもりだけではなく、

「不完全なのが人間なのだから、できなくても弱くてもいいじゃないか。そこからがんばろうよ」

という価値観をもらいました。

そこで肩の力が抜けたし、頑張りすぎなくてもいい。無理をするよりも現状を楽しむことも大事なことだと思えるようになりました。

いまでももちろん、完璧さをつい求めてしまうし、できない自分を恥ずかしく思うことは多々あります。
でも、「ダメで当然。だって人間だもの」とダメな自分を受け入れて、それでも神様(イスラム教でいうところのアッラー)は許してくれるし周りの人も許してくれるし...とにかく生きてていいんだよ!というおおらかな気持ちというか赦しをもらいました。

日本で働くようになって、ヨルダンとは比べ物にならないぐらいの質の高い仕事が求められるようになりました。
つまりどれだけヨルダンでゆるかったのかという話にもなるのですが、とにかく日本では上へ上へ、より良いものを求めてやまない生活をしているように日々感じます。

もちろんお金をもらって働いている以上、相手(雇い主、サービスの受け手)の求めるレベル以上のサービスを提供しようと努力はします。
でも自分を「〜すべき!」「〜しなければならない!」と鼓舞するより、「これができたらきっと楽しい」「きっと私にはこれができるから与えられた課題だ」ぐらいに思って取り組むようにしています。
とはいえ、常にプレッシャーに潰されそうになっていますが。

感情はなかなか難しいです。

自分の気持ちを楽に、そして質のいい仕事を提供できたらいいですなあ...。
スポンサーサイト

帰国前 最後の週末

ついに、帰国前一週間を切りました。

大学やその他もろもろ機関への報告会などがバタバタと行われ、日本語や英語でのプレゼンをしたり挨拶回りをしたりと、、、気がついたら帰国まであとわずか。

そうなると、本気の送別会ラッシュ。

帰国前の送別会は本気度が違うというか、一度一度が重いです。
特にヨルダン人(主に学生)とのお別れは思いです。
次にいつ会えるかが全然わからないからです。

ヨルダン人とはいえ、日本語(または英語)で意思疎通が取れるし、インターネットもある環境なので、そのうち会えるよね。これからも関係は続くよね。と思っていますが、同じ国で電話をすれば話が出来る関係と、離れた国でしかも時差もあって、行き来するのに飛行機で移動したとしても24時間ぐらいかかる距離という現実が別れを重くします。

私がヨルダンに来た当初から知っている学生の中には、私がヨルダンで過ごした2年半の間に大学を卒業し、就職したという人生の転機を身近で見て応援してきた人がいます。
また、日本語はあいさつしかできなかった時から教え始めて、今では会話ができるまでになった学生もいます。
また、現実には上手くいかないことが多いけど、「日本語を勉強している時間が楽しいから他のことも頑張れる」といって励んでいる学生もいます。

正直言って、私はヨルダンに来る前に「日本語は必要のないもの」とある人に言われて、無駄なことをしに行くんだ、と思っていたので、学生からそのようなことを言ってもらえて、私がどれだけ救われたかわかりません。
現実世界を頑張る日本語学習者たちのためにできることは何でもしたいと思いました。
会話クラブも各種イベントもカラオケもワディラム遠足も、思えばそんな彼らのために開催していました。

そんな学生たちとの別れがもう一週間後に迫っているなんて、まだ実感がわきません。
でも、最後の週末に学生と会ってお別れを言った際に、いつもはふざけてばかりの学生が無言で握手した手を離しませんでした。
その時に、私は初めて「ああ、もう今までみたいには会えないんだ」ということがわかりました。

帰りたくない、とは思いません。でも、「もう少しだけ時間をください」と思いました。

もう少しだけ、話がしたい。
もう少しだけ、傍にいたい。
もう少しだけ、支えたい。。。

でも、泣いても笑っても残り一週間を切りました。

帰国前一ヶ月

帰国まで一ヶ月を切りました。

よく、ヨルダンの人から「いつ帰るの?」と聞かれるので「◯週間後」と答えるのですが、必ずそのあとで、
「で、いつヨルダンに戻るの?」
と聞かれます。
あいにく帰る予定はなくNO RETURNだよ。と言いたいのですが、そう答えると「ヨルダンが嫌いなんだね」と言われてしまうので、「まだわからない。仕事があったら戻りますインシャアッラー(神が望むなら)」と答えています。
アラビア語圏(もしくはイスラム圏)流、会話術です。

先月ぐらいはもうヒトデナシってくらいダラダラすごしていたのですが、12月に入ったとたんに忙しくなってきました。
受け持っているクラスの授業やテスト作り。特に中級クラスは新コースなのでテストはゼロから作らなければならないのでちょっと大変です。
それに加えて「最後の」何かが多くて忙しいです。
最後の旅行。
最後の逢瀬。
最後の飲み会。
最後の食事会。。。

もう最後最後って言いながら結局何回も会ってんじゃん!!!!

と、言えるぐらいの余裕がまだあります。

そんな中でも、ヨルダンの学生に直接会って話す時間が大事だと思っています。
日本人とは日本で再会できる可能性は高いですが、ヨルダンにいる学生たちには日本で会うのは難しいです。
2度と会えないとは思いません。
学生のうちの何人かは日本に来られると思います。
しかし、今までのように電話で話したり、会話クラブで話した後にご飯を食べに行ったり、お茶したり・・・といったように日常生活の中で付き合うことが難しくなります。

幸い、日本語を勉強している人のほとんどはインターネットを使える環境にいるので、いつでも繋がることができます。

とはいえ、まあなかなか会うのは難しいとは思いますが・・・先のことはわかりません。
本当にインシャアッラーです。
だからこそ、会えるうちにたくさんの学生と良い思い出を作りたいなと思っています。

そんな時に大切なこと・・・それは、荷造りや離ヨルダンの書類など、できることは早めに片付ける!!
ということ。

「あると思うな時間とスーツケースの空き容量」

です。

ヨルダンの観光地じゃないめぐり・ワヒダットキャンプ

ヨルダンの人口は約645.9万人(2013年度/外務省データ)ですが、7割はパレスチナ難民と言われています(外務省HPより)。
さらには今シリア難民が人口の1割を超えたという話も聞きますが、シリア難民とパレスチナ難民は同じ難民ですが大きく違います。

パレスチナ難民は1948年の中東戦争でパレスチナの地から追い出された70〜80万人のアラブ人のうち、ヨルダンに逃れて来た人たちが始まりでしたが、その後、何年にも渡ってパレスチナに帰ることは叶わず、帰るどころかどんどん地図はイスラエルに塗り替えられていき、今もなおヨルダンで生活している人たちがたくさんいます。

ヨルダン国内にはパレスチナ難民キャンプがたくさんありますが、「キャンプ」と言ってもテント暮らしではありません。すでに最初の難民が来てから60年以上の時間が経っており、今ではコンクリートの家が立ち、お店や学校、警察・・・などなど既にキャンプは町になっています。

パレスチナ人たちは難民キャンプの中で生活している人もいれば、キャンプの外に引っ越している人もいます。
パレスチナ人全てが難民ではなく、商売で成功しているお金持ちもいます。
私は学生の中にパレスチナ人が何人かいますが、みんな立派な家に住んでいるしお金に余裕があるし、そもそも大学に通っているので裕福な人がかなりいるのかと思っていました。

ですが、それは一部ということがわかりました。

先日、アンマン内で最も大きいパレスチナ難民キャンプ「ワヒダットキャンプ」に行ってきました。
ダウンタウンからバスで数分の場所にあります。
キャンプ内の学校で活動しているJちゃんにお願いして学校を見学させてもらいました。

ワヒダットキャンプは人と物がひしめき合っている印象でした。建物と建物の間が狭いというか、とにかく密集しています。ここのマーケットはガイドブックに載っているぐらい物が抱負で安いです。
そしてマーケットの先にJちゃんの学校があります。

まず、学校に入ってから子どもたちに囲まれました。子供は6歳から15歳まで。
「ホワッチャネーム?」
と英語で質問攻めにあいました。
そして英語で答えると「?」という顔をするので、結局アラビア語で答えるハメに。

子どもたちは英語の授業があるのですが、自分から発することはできても聞き取りはできないようです。
それでも果敢に話しかける姿はスバラシイと思います。

職員室は長机が3つとイスが適当に置いてある大部屋で、とくに先生個人の机があったり場所が決まっている訳ではありませんでした。
当たり前の話ですが、アラブ人ばっかり
飛び交うのはアラビア語だけです。

授業が始まる合図が非常ベルのような音と手動のベルでした。
授業が始まっても廊下を走る子どもたちがたくさんいました。遅刻して来た生徒や、自分の机がないので探し歩いている生徒もいました。
難民キャンプの学校は主に2シフト制をとっていて、1つの学校で7時〜12?時?ぐらいまでと、12時から4時?ぐらいまでのシフトに分かれています。
なので、午前中のクラスと午後のクラスでは先生も生徒も入れ替わり、その際に机が紛失することもあるそうです。(謎ですが)

私が見学したのは家庭科と美術の時間でしたが、とにかく先生が話すこと9割。
生徒たちが教科書を読んだり、考えて答えたり、ノートを取ったりする時間がほとんどありませんでした。
(科目によるのかもしれませんが)
ですが時々、「これわかる人?」「誰か読んで」と先生が聞いたら「はいはいはいはーい」と手を上げる子ばかりでした。中には立ち上がって「私、私!!!」と飛び跳ねる生徒もいました。

元気そうに見える生徒ですが、よく話を聞いてみると両親がいなかったり、服や教科書がぼろぼろだったり、ペンも1本だけだったり・・・という生徒もたくさんいました。
アンマンのキャンプでは食料や衣料の支給がなくなったそうなので、キャンプ内の裕福な人が貧しい人に服を配ったりもしているそうです。



初めてのキャンプ&小中学校見学は大いに疲れました。
私は普段からオフィスは独り占めだし、日本語や英語が通じる環境で生活しているので、アラブ人ばかりでアラビア語だけの生活はしたことがほぼありません。
さらには子供は容赦なく好奇心の眼差しを向けるし、眼差しだけではなく実際に私を取り囲んで質問攻めにしたり日本語書いて!とねだりまくります。

Jちゃんや他の先生たちは毎日が事件だなあとしみじみ思いました。

そして、ヨルダンにはいろんな顔があるんだなあと改めて思いました。

貧富の差は激しいです。

ヨルダンの観光地じゃないめぐり・サロン

イスラム教では異性の体には触っていけないことになっているので、基本的にサロン(美容室)は男女別です。
女性用のサロンには女性のスタッフしかいません。
日本のようにオネエ文化は一切ありません(これ、日本の文化なのだろうか?)。

私は2年以上ヨルダンにいますが、ヨルダンのサロンで髪を切ったことはありません。
ヨルダンのサロンで髪を切るにはかなりの勇気が要ります。
なぜなら、過去挑戦した日本人から「前髪が眉毛上2cmぐらいのパッツンにされた」「パーマをしたらサイババになった」などの報告を受けているので、進んで行きたいとは決して思いません。

ですが、私は何度かサロンへ行ったことはあります。
それは、マッサージのためです。

マッサージというより、アカスリですね。
こちらでは「トルキッシュハンマーム(トルコ風呂)」とか「マグリブマッサージ(モロッコマッサージ)」とよんでいます。

アンマン内にはこのようなアカスリを体験できる場所が何カ所かあります。
私が最近行ったのはマルジルハマームというアンマン中心部から少し外れた場所にあるサロンです。
そこのサロンは美容室とトルキッシュハンマームとが併設していて、地元の人が使うような小さいところです。
IMG_1976.jpg
サロンの入り口


いろんなコースがありますが、私は「マグリブマッサージ4時間コース」を利用しました。
お値段25〜30JD(約3,500円〜4,000円※曜日によって変わります)。

まず、水着に着替えて全身に塩を塗られてミストサウナへ。

そこで体を温めたらシャワーを浴びてジャグジーへ。
このジャグジーが最高に気持ちいい!!お風呂に浸かる習慣のないヨルダンでは天にも昇る心地です!!!
さらには冷たいハイビスカスティー(激甘)を出してくれて、女王様気分を味わえます。

そこからアカスリ&マッサージ。
石の台の上に乗せられてアカスリをされるのですが、体が十分にあたたまっていると垢が浮いてくるので驚く程ポロポロ取れます。
さらにマッサージで全身ほぐされて・・・まさに極楽

さらには顔パックまでついていて、終わる頃には全身ツルツルです。

小さいですがドライサウナもあるので、顔パックの後はサウナに入ったりジャグジーに入ったりしてからシャワーを浴びて帰ります。

その他の施設も大体同じような流れですが、このサロンは地元の人が使っていることもあってマッサージ時間が長い割に料金がお手頃。
他の施設は高級感溢れる外装&内装だったりしますが、マッサージはものの10〜15分。
ここは測ったことはありませんが、たぶん倍以上の時間をかけてくれます。
でも、マッサージの時に横たわる石の台が冷たいので冬はちょっと厳しいかも・・・。


先日、この施設を利用した時に髪が濡れていたのでサロン(美容室の方)で乾かしてあげる、と店員さんが言ってくれたので初・ヨルダンの美容室に足を踏み入れました。

IMG_1975.jpg
美容室かくし撮り


ふむふむ。

中は広い。そして鏡台は立派。

このときは結婚式メイクをしている女性しかお客さんがいなかったのですが、このメイクが超!ド派手!!
髪にはスプレーをこれでもか!ってぐらい吹きかけまくりで固めているし、アイシャドウは玉虫か!?ってぐらい光を放ちまくりだし、アイラインはもう隈取り並み・・・まさにアラブメイクです。

私はそれを横目にドライヤーをかけてもらったのですが・・・激熱!!!!

顔に熱風当たりまくってるんですけど!?
地肌に熱風が直接吹きかけられているんですけど!?!?
あれ?ドライヤーって髪から15cmぐらい離すんじゃないんですか?
もしくはコレ、イジメですか!???



ヨルダン美容室で髪を切らなかったのは、きっと正しい判断だったと思います。。。