もし日本語教師がアラビア語を勉強したら

日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編、日本生活復帰編を経て、大学院編に突入します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Read More

ヨルダンでもらったもの

かれこれ帰国して10ヶ月以上経ちますが、未だにいろんなお土産をもらったなあ〜としみじみ思います。ものだけでなく、価値観や考え方をたくさんもらいました。今でもつらいとき、ダメになりそうなときに思い出すようにしているのは自分を肯定する心です。もともとは「〜しなければならぬ」「〜すべきだ」という「ねばならぬべき」精神で仕事もプライベートもけっこう何でもかんでも頑張ります!って感じの人間でした。だから「ヨ...

Read More

帰国前 最後の週末

ついに、帰国前一週間を切りました。大学やその他もろもろ機関への報告会などがバタバタと行われ、日本語や英語でのプレゼンをしたり挨拶回りをしたりと、、、気がついたら帰国まであとわずか。そうなると、本気の送別会ラッシュ。帰国前の送別会は本気度が違うというか、一度一度が重いです。特にヨルダン人(主に学生)とのお別れは思いです。次にいつ会えるかが全然わからないからです。ヨルダン人とはいえ、日本語(または英語...

Read More

帰国前一ヶ月

帰国まで一ヶ月を切りました。よく、ヨルダンの人から「いつ帰るの?」と聞かれるので「◯週間後」と答えるのですが、必ずそのあとで、「で、いつヨルダンに戻るの?」と聞かれます。あいにく帰る予定はなくNO RETURNだよ。と言いたいのですが、そう答えると「ヨルダンが嫌いなんだね」と言われてしまうので、「まだわからない。仕事があったら戻りますインシャアッラー(神が望むなら)」と答えています。アラビア語圏(もしくはイ...

Read More

ヨルダンの観光地じゃないめぐり・ワヒダットキャンプ

ヨルダンの人口は約645.9万人(2013年度/外務省データ)ですが、7割はパレスチナ難民と言われています(外務省HPより)。さらには今シリア難民が人口の1割を超えたという話も聞きますが、シリア難民とパレスチナ難民は同じ難民ですが大きく違います。パレスチナ難民は1948年の中東戦争でパレスチナの地から追い出された70〜80万人のアラブ人のうち、ヨルダンに逃れて来た人たちが始まりでしたが、その後、何年にも...

Read More

ヨルダンの観光地じゃないめぐり・サロン

イスラム教では異性の体には触っていけないことになっているので、基本的にサロン(美容室)は男女別です。女性用のサロンには女性のスタッフしかいません。日本のようにオネエ文化は一切ありません(これ、日本の文化なのだろうか?)。私は2年以上ヨルダンにいますが、ヨルダンのサロンで髪を切ったことはありません。ヨルダンのサロンで髪を切るにはかなりの勇気が要ります。なぜなら、過去挑戦した日本人から「前髪が眉毛上2...

Read More

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。