もし日本語教師がアラビア語を勉強したら
日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編を経て、日本生活復帰編に突入します!

日本語学習者から聞いた話 「もっと話したい」

日本語教師の中で、「プライベートと仕事は絶対分けたい。学生とは学校以外で会いたくない」という意見の方もたくさんいると思います。
私も日本語教師になった時はそうでしたが、今ではあまり気にしていません。
SNSを利用していることもあり、学校以外で学習者と繋がるのはよくあることだし、学習者の話を学校以外のところで聞くのも結構好きです。どんなことに興味があるのか、どんな勉強をしているのか、どんな風に日本語を使っているのか...などなど。日本語以外の話ももちろん楽しいです。

今日は学習者から聞いた話で自分も忘れないようにしなきゃな〜と思ったことを書きます。

その学習者は留学生で、日本語を毎日4時間勉強しています。
留学生といっても年齢はかなり大人で、今まで仕事もやってきたしそれなりの大人です。私よりも年上です。
レベルは初級が終わって中級に入ったあたりです。
以下、悩める学習者の本人談まとめ。

「日本語の初級では毎日新しい文法、新しい語彙を学び、どんどんできることが増えていって自分の能力が上がっていくのを感じられたし刺激的でモチベーションも高かった。

でも、中級に入ってから急に成長が止まってしまった。

難しい表現や長文を読む練習、そして作文、、、スピーチ、、、プレゼンテーション、、、

机や本に向き合う時間が長くて刺激がなくなってしまった。日本語で話す時間が減ってしまった。
自分の能力が後退しているように感じる。
このままだと「本当の」日本語能力がなくなってしまうようで怖い...。」


まとめるとこんな感じでした。

これは中級ショック、とでもいうのでしょうか。
確かに初級は毎日が新鮮、毎日が成長!というのは当たり前だと思います。
だってその前がゼロに近いから!!

逆に自分で勉強している人は初級が退屈...という人もいます。

この学習者の場合は会話から学ぶタイプというか、会話を通して使いながら覚えていく学習スタイルなので中級以降の読解や作文に自分の成長が感じられないのだと思います。
プレゼンテーションは自分で興味のある内容について発表するので語彙も多くなるし、今まで勉強したことを使ってアウトプットする機会なのでこの人にも合っているのでは?と思いますが、もう心がクローズなのか効果が感じられないようです。。。

同じ授業で成長を感じる人もいます。

ただ、学習者に「退屈」と思われないためにはどんな授業をしたらいいのか、何が必要なのかを考えるいい機会になったのでメモしました。

この学習者はもっと会話がしたい、と言っていました。
会話とは何か?
あくまで「この話をしていた学習者曰く」ですが、「自分の言いたいことを言いたい」「使い古されたトピックではなく、今現在使えるトピックで話したい(例:アメリカの新大統領、移民、、、など)」「ディベートのように話すスキルを磨きたい」などなど。

政治的なネタ、好きな人いるよなあ。。。
確かに、「子供の時の思い出」とかよりも大人だったら政治や経済を話したいよね、と思いました。

この学習者が言う「本当の」日本語能力、と言うものが本当に正しいかどうかはともかくとして、学習者のニーズがあるなら話す時間を増やせるように努力しようと改めて思いました。




スポンサーサイト

初級であっても漫画アニメで日本語クラス

日本語を勉強している外国人の中には、日本の漫画やアニメ、ゲームが好き!という人が少なくありません。
私も、もともと漫画とアニメは好きでしたし、学生からおすすめアニメを聞いてみているうちに最近のアニメにも詳しくなったので、これをどうにか授業に活かせないかな?と思っていました。

そこで、最近やらせてもらっているのが、「アニメと漫画で学ぶ日本語ミニクラス」です。

もともとの話はちょこっと書きましたが、「発音クラス」ということで、スピーチや作文を読む際の発音をよくするためのクラスだったのですが、参加者が4人と少人数で、さらに全員がアニメ好きということもあり...私が冗談半分で「アフレコやってみる?」と動画と台本を用意したところノリノリになったので、なし崩し的にアフレコ練習クラスにしてしまいました。
(学生は満足していたはず...)

そして好き勝手やらせてもらったこのクラス、なんと次の学期も担当していいよ、とお許しを得たので、次からは堂々と「漫画アニメで日本語クラス」というタイトルに変えていただき、自分のやりたいことを前面に押し出してやらせてもらいました。(というか現在進行形でやっています)

ミニクラスなので週に1回、30分のクラスです。
全8回完結のコースで、成績は特につけない決まりです。


「漫画アニメで日本語」と言えば、国際交流基金のアニメ・マンガの日本語があるのですが、確かにこれもマンガとアニメなのですが私がやりたかった(そしておそらく学生たちがやりたいのも)自分が知っているアニメのセリフを言いたい(ハズ)!!!
という想いから普通の漫画とアニメを扱うということで、問題は著作権!!

いやー、、、本当、著作権って難しいですね。

文化庁さんが「ここまでOK」とかいう講座を開いてくれたら教師は参加殺到するんじゃないかってぐらい難しいです。

ですが、最近ではWeb漫画というものがあるじゃないですか!!
そしてYoutubeがあるじゃないですか!!

私の教えている学校は全員がiPadを持っているので自分のiPadで見るのはOK!!
のハズということで、「漫画アニメで日本語クラス」を開始しました。


今回参加した学習者は7名。
漫画を使ってセリフを読む
→アニメに合わせてセリフを言う
→アニメのキャラクターの動きに合わせてセリフを言う
→最後にアニメの音を消してアフレコ体験をする
という流れにしました。

実際にやってみましたが、、、結構楽しい!!!!

漫画なので言葉や文法は難しいのですが、学生たちもノリとやる気でなんとかついてきてくれました。
(教え方は雑なもので「じゃあとは自分で調べて...」という場面が結構ありました...)

問題は作品選びと著作権。
うーん。著作権。。。難しい。。。

「〜ようです」で偏見を作らない

先日、日本語の授業で、推測の「〜ようです」を教えました。
「ドアをノックしても返事がないし、メールの返事もないし、家の中も暗いし...田中さんは旅行に行っているようです」と予想する意味の「〜ようです」を教えました。

その時に、話の流れから「どこを見たら日本人、中国人、韓国人がわかるか」というトピックに流れて、「あの人たちは静かなので、日本人のようだ」とか「うるさいので中国人のようだ」とか「ホットパンツを履いているから韓国人のようだ...」「電車の中でお酒を飲んでいるから、日本人のようだ」...などと言ったフレーズが出てきて、まあまあなかなか面白いじゃないか、と思っていたのですが、ふと、これは偏見だ!!と気づき、「でも、これはステレオタイプですよね。そうじゃない人もいっぱいいますよね。というか人によって違いますからね」と言って、学生たちも「それはもちろん」と納得していました。


つい、「〜人は...」というのは面白いし話しやすいけど、本当に人によって違います。
私はロングスカートしか履かない韓国人も知っているし、おとなしい中国人もたくさんいます。
うるさい日本人もいるし、電車の中でお酒を飲んでいる人を心底嫌がっている日本人もいます(私)。

いろんな国の人と出会って、話して、ステレオタイプ以外の人と出会って交流することも私を含めてクラスに参加している全員にとっての財産になると思います。
日本にいて外国の人と知り合うのは難しいのかもしれませんが、是非多くの人に外国人と触れ合って、一言で「〜〜人は...」と言い切れないことを体験してほしいです。

私も何でもかんでもひとくくりにしないように、そういう知識を広げないように気をつけます。

学生と向き合う勇気

某アニメで、語尾に「勇気」をつけるとなんでもかっこよくなる...なんて話を聞きましたが、本当にその通り。
「学生と向き合う勇気」でもいいし、
「学生から逃げる勇気」でもいい。

言葉って不思議。

さて、そんなことはさておき、学生と向き合うについてちょっとお話しします。

最近、授業中に「悩みを話してみよう!」という時間を設けました。
それは深い意味があったのではなく、単純にその日勉強する内容が「〜ほうがいい」だったので、自分の悩みを話して、他の人にアドバイスをもらおう。そんな軽いノリでした。

でも、中には「子供の時からいじめがあって、それでも国で友達ができたけど、今日本にいるからなかなか会えなくて...。新しい友達を作るのも難しい...」と言っている学生がいました。

さて、日本で外国人が友達を作るにはどうしたらいいのでしょうか?
というか、「友達がいない」という学生に対して、どんな言葉をいうのが教師のベストな対応なのでしょうか??

正直、わからーーーーーん!!!

自分でさえも友達って何?って感じなのに...いやいや、なんというか大人になってから友達ってなんだか難しいというか気恥ずかしいかという感じなのに、学生たちには言葉が...と思ったのですが、これはチャンスかもしれません!

言葉を教えあうって話すきっかけになるじゃないですか!
私もそうやって、随分ヨルダンの人にお世話になりました。そして「あなたの国の言語を勉強したいの!」という姿勢はけっこう友好的に写る(はずな)ので、きっと相手とも仲良くなれる(はず)。

でも、けっこうよく聞くのが、「英語(または他の言語)が話したいから外国人と仲良くしたい」という人がよってきて、なかなか日本語を話すチャンスがない...という話。

これを聞くたびに、教師として何かできないかと思います。

日本人の皆さん、周りに日本語を勉強している外国人の方がいたら、ぜひ!とりあえず日本語でお話ししてみてください。

(こんな本もあります「とりあえず日本語で もしも…あなたが外国人と「日本語で話す」としたら」


切なる願いです。

OJAD→アフレコ

新学期の挑戦でOJADを使った発音クラスを担当することになった...と書きましたが、現状、OJADを使って発音を調べながらアニメのワンシーンを演じるクラスになっています。

いいのか悪いのか...。

発音クラスは新しいし短い期間のミニクラスなので、内容もかなり自由。
参加している学生も少人数だし初めてのクラスだし、いろいろ試しながらやっていきましょう。
という上の寛大な御心のおかげで内容がアニメよりになりました。

私がアニメが好きだ!というのはもちろんですが、毎回発音を矯正したいと思う文を用意できる学生ばかりではなく...そしてクラスの前とあとに録音して自分の成長を自覚してもらおうという狙いがあったのですが、あまり自覚ができるほどは成長できず...(なんせ毎回30分の授業なので)。
そこで、1度試しにドラマの1シーンのセリフをOJADで調べてシャドーイング練習をして、ドラマの俳優さんの動きに合わせて話す、という練習をしたら「次回からもこれをやりたい!」という声があったので、試しに2回、アフレコをやってみました。

題材は「少年アシベ」と「銀魂」の1シーンです。
アシベは私がアフレコしやすいと思って選んだもので、銀魂は学生のリクエストです。
銀魂はセリフが長いし難しいので、まずセリフを理解するところから時間がかかるので、1回では完結できませんでした。
でもそれも学生が望んでいるのでいいのかな、と思いました。

この授業の準備ですが、セリフを私(教師)があらかじめ用意しなくてはいけないので、ちょっと大変そうだと思ったのですが、たった1シーンなのでそこまで大変ではありません。
そして、作品によってはファンサイトでセリフ(というか台本)が載っているので、それを使わせてもらっています。
便利だなあ、インターネット。

そんなこんなで発音クラスは続いていきます...ああ、怖い。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。