もし日本語教師がアラビア語を勉強したら
日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編を経て、日本生活復帰編に突入します!

モチベーション〜実践編〜

続きまして、実践編。

理論編で出てきた「自律性」について。
褒美も罰も自分で決める、というキーワードにぴったりのサービス。
「Sapotaサポタ」というサービスがあります。
あなたの「続ける」をTwitterでサポート~Sapota.jp(サポタ)

これは自分で目標に合わせて「行動契約書」を作って公開するサービス。
自分の決めた目標どおり行動できたときは「やったよ」をクリックする。
そうするとカレンダーに花マルがつく。
これは、「可視化」にもつながり、自分の勉強の「記録」にもなり、さらにモチベーションアップ!!
さらにさらに、ツイッターと連携していて、この行動計画書を見た他の人(ツイッターのフォロアーさんたち)が「サポーター」に登録できるシステムがある。
サポーターがたくさんいると、「応援されてるからがんばらなきゃ!」という気持ちにもなるし、
もし目標通りにできなかったとき(クリックしなかったとき)は、翌日の朝、サポーターたちに「さぼったー」連絡が行き渡り、サポーターさんたちから叱咤激励のメッセージが来たり来なかったり・・・。

まさにサポタ!

これはわたしが去年、日本語教育能力検定試験の勉強をしている時に利用しました。
当時20名くらいのフォロアーさんにサポーターになっていただき、応援されてるからがんばらなきゃ!という気持ちになりました。


というわけで、今回も作りました。
アラビア語はじめのいっぽ行動契約書
よければサポーターになってくださいm(_ _)m



実践編、いろいろあったけどまた書きます。
そろそろ仕事をしないとやばい・・・。

それでは、アッサラームアレイクム!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。