もし日本語教師がアラビア語を勉強したら
日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編を経て、日本生活復帰編に突入します!

2014年 振り返り

長いようで短いようでやっぱり長かった2014年も、もう終わり。
元旦の私はどんなことをしたかったのかを振り返ります。(やりたいことリスト→2014年元旦の計

*いろんな場所へ行く!見る!体験する!!
→けっこういろんなところに行きました。行ってないのはウンムカイスぐらいでしょうか。
 でも、もともと旅行があまり得意ではないので、満足です。
 パレスチナ難民キャンプ内の学校で子どもたちが問題を抱えながらも楽しそうにしている姿を見られて良かったです。(問題というのは難民としての問題もありますが、教育の問題かも・・・?)

*うまく人を巻き込む。
→人に任せるってやっぱり難しかったです。
学生や現地人に全てを任せるのは到底不可能ですが、任せるフリで必ずwチェックをする、というスタイルで慣らして徐々に手を引いて行くのがいい方法だと思いました。
また、新人教師のH先生ですが、うーん・・・まだまだ訓練が必要だと思います。でも最後に国際交流基金の日本語教師研修申し込みをしてきたので、もし合格したら彼女は日本で日本語と教師としての訓練を受けることができます。
こういった支援(の可能性)もすることができて、よかったです。

*遠足する
→しました!でも、ちょー大変。もっと自分も楽しめる企画にすればよかったと後悔です。。。
 また誰かがやってくれたら嬉しいなー。
 教師に限らず、今度は学生が主催してくれたら、もっと嬉しいなー。

*Podcastをもっと楽しむ
→全然できなかったー!
 これから、かな?

*メカ的なことに挑戦する
→ほぼほぼできなかったー!!!
 とはいえ、音声教材を作るだけ作ったし(配信できず)、全レベル全学課のスライドも作ったし(レベル3、4のスライド適当)・・・ま、いっか!

*記録に残す
→頑張って書きました!
 やっぱり記録あ大事ですね。
 また、「ブログ読んだよー!」という感想をいただくことが今年は増えて、うれしはずかしの一年でした。

*運動する
→えーっと・・・3月ぐらいにけっこう痩せたものの、帰国前にやはり元通りになりました。
 でも、健康で1年間過ごせたことは感謝です。

以上が各項目の振り返りです。

よく攻めたなあと思います。
やりたいことを明確にすることは大事だと思いました。
自分は何をやりたいのか、自分はどうなっていきたいのか、それを目印に今後も進んで行きたいなーと思います。

2014年、ありがとうございました!!!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。