もし日本語教師がアラビア語を勉強したら
日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編を経て、日本生活復帰編に突入します!

大学院に入学したぞ〜入学式〜

4月某日、無事に大学院に入学しました(アルハムドリッラー)。
入学式当日に大学へ行って見ると、「平成29年入学式」というでかい看板が門にどーん!
そして新入生を迎えるウェルカムボードがどーん!!
サークルの看板がどどーん!!
さらに入学式会場の前にもどでかい「入学式会場」の看板どどどどーーん!!!

と、看板づくし。
しかも、入学式看板の前には写真撮影の列...。
素敵なお父様、お母様(またはご親戚)の方々と写真を撮る若人たち...。


なんか、、、若くね??


と、不安になりましたが、とりあえず入学式の会場であるホールに入ってみました。

そこにはリクルートスーツ?という黒いスーツの若人がひしめき合っていました。
(ちなみに私はGUで買ったピンクのロングスカートにジャケット&スカーフという姿)

私は言語社会科に入学するのですが、うっかり経済学部か法学部の席に座っていたようで、若さマックス!!
ほぼ大学生だったと思います。

さらに、翌日の健康診断では大学内のあちこちでサークルの勧誘が!!
(学部生も大学院生も同じキャンパスのため、学部新入生狙いのサークルの勧誘が激しかったです)

「山登りに興味ない?」
「一緒にバンドやろうぜ!!」
「漫画書きませんか〜」

などなどの新歓に燃える若人に溢れるキャンパスを行ったり来たり...もうぐったり。

サークルなんて、マジでどうでもいい。
(そりゃそうだ)

そして、仲良しごっこもどうでもいい。

自分の大学生時代を振り返ると、この新歓に圧倒されて、「周りと仲良くしなきゃ」というよくわからないプレッシャーに苛まれていたことを思い出しました。
あれから十数年...マジでどうでもいい。

人付き合いは大事だと思いますが、誰とでも仲良くする必要はないし、むしろ信頼できる人が1人でもいればいい。
何人もいると疲れるしね。大変だしね。
あと、サークルやらなんやらよりも自分の研究が大事だから。
勉強とか研究で切磋琢磨できる関係が大事。

こう思えるようになったことに感謝。
大学生の時の自分に教えてあげたい。
大学で友達がいなくたって、食堂で一人でご飯を食べていたって、世界中に居場所はいくらでもあるということを。



自分の勉強と研究に集中してキャンパスライフを楽しもう。
そんなことを思いつつ、入学ウィークは終わりました。
スポンサーサイト