もし日本語教師がアラビア語を勉強したら
日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編を経て、日本生活復帰編に突入します!

ラマダン、終わりました!(だいぶ前に!)

ラマダン、終わりました!
2週間ほど前に。
時の流れは早いなあ。

今年のラマダンは初めて本気のサーイム(断食)をしました。
夜中の2時半ぐらいから夕方の7時まで飲まず食わず。
だけでなく、断食が始まる前の「サフール」と呼ばれる朝食(?)を食べてから断食してました。

この「サフール」、、、めちゃめちゃ体に悪い気がします!

なぜなら、夜中の2時ぐらいからご飯を食べるんですよ。
しかも普通の朝食!いやむしろ重めに!!
私は作るのが面倒だったので、シリアルとバナナとヨーグルトを食べることが多かったですが、友人ムスリムの話では夜中2時にフライドポテトとかご飯とか食べる人もいるらしいです。
おいおい、それお腹大丈夫?
と聞きましたが、大丈夫だそうです。

そんなにガッツリ食べていたら、そりゃ夕方まで食べなくても大丈夫かも。。。

実際、私も2時ぐらいにバナナを食べて水をたっぷり飲むと、夕方までの時間なんとかなりました。
最初の2日間ぐらいはお腹が空くし、頭が痛くなりましたが、断食明けのイフタール(夕飯)を沢山食べたりチョコレートなどで糖分を摂取したりすると頭痛は治りました。

そんなこんなで1ヶ月、サフール(断食)を続けましたが、やはり大事なのはサフール(断食)の目的だと思います。
サフールをして、お祈りをする。
いつもよりもっともっとお祈りをして神聖な気持ちになる、、、これがラマダンの本当の目的なんだと思いました。

今回はモスクに行ってムスリマたちとイフタール(夕飯)を一緒に食べる体験もしてみました。
マレーシアやインドネシアなどアジアからの留学生と偶然知り合い、彼女たちの「ラマダンおめでとう!」というキラキラした笑顔が印象的です。
彼女たちは日本に来られたこと、そして仲間たちと無事にラマダンを迎えられたことに感謝しているようでした。
誰に感謝しているか?
もちろん両親や周りの人にも感謝していますが、アッラー(神様)にも感謝していました。

このアッラーの存在っていうのは結構ありがたいもので、辛い時に頼れるし、嬉しい時にも頼れる(感謝できる)し、私はこういう存在がいるのはいいなと思っているので、彼女たちの感謝している姿を見て心がほっこりしました。

そんなこんなで今年もラマダンが終わりました。
来年はどうなるかな〜。
スポンサーサイト