もし日本語教師がアラビア語を勉強したら
日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編を経て、日本生活復帰編に突入します!

大学の購買

たまには楽しい生活の話を。


ヨルダン大学のオフィス兼教室のすぐ近くには、大学の購買があります。
「village」という名前で、チェーン店なのかな。よく見ます。
きれいで、品揃えも豊富。

いつも学生であふれています。

中はこんな感じ。


右手にコンビニみたいな食料を売るお店があります。




甘そう!!


そして奥にはテイクアウトの食堂?売店?があります。

わたしはメニューが全くわからないので、まだたべたことがありません。あとここは高いらしいとのうわさ。

でもコンビニの方はよく行きます。

例えば、こんなものが売っています。

輸入お菓子もたくさんあるので、Lionの他にもスニッカーズやドリトス、ハリボ―などなんでもあります。

手前左のドーナッツ。
これがおいしいー!!
ふわふわで、中に少しだけカスタードが入っているので甘過ぎず、食べやすい。
そして手前右のチョコパイ風のお菓子は、、、甘過ぎました。
クッキーに安いチョコレートをコーティングしているので、チョコレートそのものが甘すぎるし香料が入っているし、クッキーもボソボソ・・・。

購買は基本的に値段が書いていないのでそれぞれの値段はわかりませんが、3つで1.25JD(140円ぐらい)でした。
いつもはこんなに買いません!
この日はいろいろ傷ついたので、購買に走りました。反省…。

入口のすぐ近くにはホットドックやピザを温めて売るコーナーがあります。



ここはおじさんが1人で切り盛りしています。ホットドック(ミニ)が0.50JD(60円)ぐらいです。
さらにおじさん、ケーキも売ってます。大忙し!


そして、ここにはヨルダンの大学に欠かせないコピーショップもあります。

そう、ヨルダンの大学生が持っている教科書はおそらくほぼ100%コピーです。
しかも自分でコピーしたものではなく、コピーを専門的に行って製本までしてくれるお店が大学の中にあるんです。


電子書籍の著作権が・・・なんてこと以前に紙の本の時点で堂々と侵害していますね。
わたしは日本にいた時に出版社の日本語学校で教えていたので最初は心が痛みましたが、人間慣れないことはない、明けない夜はない、ハクナマタタ!
ということでコピーショップにはいろいろお世話になっていますし、日本に帰る前にいろいろと日本語関係の書籍をこっそり・・・なんて夢にも思っていません。

いずれにしてもなんでもそろいます。

おもしろいのが、買うときは誰も列を作りません。
レジの周りを囲むようにして商品を出して、レジの人が気づいた人から支払っていきます。


待っていてもレジの周りに人がいなくなることはないので、自分で人の輪の中に突入するしかありません。
わたしもいつも突入しています。
日本に帰ってレジに突入してたら誰か止めてください(笑)。

こんな感じで楽しいです。大学ライフ!

*写真は隠し撮りですのでぶれています。すみません!*
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://h1roko.blog.fc2.com/tb.php/112-e4d31f48