もし日本語教師がアラビア語を勉強したら
日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編を経て、日本生活復帰編に突入します!

月例活動報告 2012年10月

すっかり忘れていた。10月の月例報告。
ま、ほとんどブログで書いたことのまとめです。

活動その①JAAJ、ヨルダン大学の通常授業
先月に引き続き、JAAJで3コース、ヨルダン大学で3コース担当。
それに加えて毎週水曜日に「会話クラブ」を立ち上げ、日本語だけでディスカッションするクラブを開催中。

会話クラブは、毎回フェイスブックでテーマを告知して、自由参加できるようになっています。そこでは日本人も参加してもらい、ヨルダン人からいろんな情報を聞くことができるので、日本人とヨルダン人の交流の場にもなっています(個人的願望)。


活動その②ヨルダン大学50周年記念イベント参加
10月某実にヨルダン大学50周年記念イベントがありました。そこに外国語学部の一部としてイベントに参加しました。詳しくは「ヨルダンの洗礼」にて。

活動その③交流プログラムの選考
こちらも詳しくは「大学の体裁と脱力」にて。


個人的には授業が少し慣れてきた・・・というより、授業以外のことがいろいろありすぎて、授業だけに集中できないのですばやく慣れるしかない、という月でした。
そしてとにかく楽しい!
忙しいけど、その度に学生が助けてくれる。仲間が助けてくれる。
自分の日本語について、日本語教育について、ヨルダンについて、文化について・・・いろんなことに気づかされた一ヶ月でした。無事に終わってハムドゥリッラ。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://h1roko.blog.fc2.com/tb.php/115-b77f9a90