もし日本語教師がアラビア語を勉強したら
日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編を経て、日本生活復帰編に突入します!

Choose me!

ある日突然、大学がポスターだらけになりました。




中には…


見えますか?
右側の建物壁に巨大ポスターが!


で、でか!!!


西川貴教@White breath??
みたいなものまで(笑)





なんの騒ぎかと思ったら、生徒会選挙のポスターでした。



ちなみに女子学生の場合は写真なし。

中国語学科の学生らしいので、ポスターに漢字が!


「どうして女子学生は写真がないの?」

と聞いたら、

「ハーザー アイブ(それは 恥です)」

と言っていました。

まあ、確かに恥かも…。
(男性諸君、ごめんなさい。でもステキよ!)


生徒会選挙なんて、青春だなあ…なんて和んでいられたのもはじめだけ。

投票日が近づくに連れてあちこちで大きな音でアラビー音楽が流れて男たちの雄叫びが聞こえてきたり、銃声(!!)が聞こえたり…。
おそらく空砲ですが、本当に撃っているかのような音でビックリします。

そしてエスカレートするポスター貼り合戦。もう隙間がないぐらいあちこちに貼られては捨てられ、また貼られて…

しかも、彼らは自分では決してゴミ箱に捨てないので、清掃員がくるまで放置。

そんなドンチャン騒ぎなので授業どころではありません。

しかも投票日当日は非公認ですが授業がありません。
というかうるさすぎて前日から授業になりませんでした。


で、投票日翌日。
あれだけあったポスターたちが跡形もなく消えていました。
清掃員さん、すごい!!


それにしても、あの特大ポスターというか垂れ幕、どうするんだろう…。
ヨルダン大学七不思議にいれてもいいんじゃないかな。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://h1roko.blog.fc2.com/tb.php/130-d6e9a603