もし日本語教師がアラビア語を勉強したら
日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編、日本生活復帰編を経て、大学院編に突入します!

第10回 JAAJ 修了式。終わりではなく修めたということ。

実は、エジプトに行ってきました。
ちょっといろいろ会いたい人がいたり行きたいところがあったので行ってきたのですが、、、まあ、いろいろ大変でした。ますますヨルダンが好きになりました。

と言う話はさておき、私がエジプトに行く前に本来なら全ての業務が一段落着くはずでしたが、大雪により期末テストが延期になり、日本語一般公開講座の修了式も延期になり、行く前日まで(というか実際は着いてからも)仕事が頭から離れず、こんなことならキャンセルすれば良かったと思うぐらいでした。

その中でも修了式についてはヨルダンに戻ってから4、5日後に仕切り直しということが決まったのですが、その場所が・・・ななななんと、在ヨルダン日本大使公邸!!!!!!
(いつもは大使館のホールをお借りしています)

どひゃー・・・

大使館のホールでさえ緊張するのに、公邸って・・・。

でも学習者は大喜び(だってレセプションとして日本料理が振る舞われる)。
でも私は・・・もう冷や汗でした。
しかも当日は「司会」。

もちろん、日本語だけですが。(アラビア語部分は、毎度おなじみT先生)

ヨルダンに戻ってから(T先生が)来場者リストを作り、(T先生と秘書が)学習者全員に連絡をして当日のことを伝え、(T先生と秘書が)出欠を確認し、なんとか当日を迎えることができました。
(てかわたし、何にもしてないですね。ハイ。反省・・・)

当日はなんとか無事に終了。

たくさん!!


しかも、学習者がなんと大使にパレスチナ刺繍の本をプレゼントとしてもってきていました!!
なんて気が利く!!!
大使、大喜び(だと思います)!!!!


というわけで、学習者の笑顔に触れて私もしあわせなきもちになりました。
次回はもっと働こうとおもいました。
皆様のおかげで私はまわっています。
アルハムドゥリッラー。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://h1roko.blog.fc2.com/tb.php/141-a3a11d17