もし日本語教師がアラビア語を勉強したら
日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編を経て、日本生活復帰編に突入します!

会話クラブ 第12回 関係ないことは、放っておけ。

今回は開始時に1人しかいなかったので、わたしの疑問について答えてもらいました。
最近モハンマド予言者の言葉を集めた「ハーディス」という本のようなものを読んでいて、わからないことがあったので学生に聞いてみました。
それは、

من حسن إسلام المرء تركه ما لا يعنيه
(関係のないことは、放っておくのがいいムスリムだ)

という言葉で、わたしはこれを読んで、
「じゃあ道で倒れた人がいたら放っておくってことかな?」
と思ったら、そうではなく、プライバシーに関わること、相手が不快になるようなことはしないほうがいい、ということのようです。
知らない人であっても道に人が倒れていたら、それは関係があるし助けなければいけないそうです。あたりまえですよね。
でもなんとなくわからないなー・・・と思いながら他にも2名学生がきたのでなんとなく会話クラブを開始しました。

参加者が少ないので、何か話したいテーマがある?と聞いたらFacebookについての話になりました。

Facebookにはいいところ、悪いところがあります。
学生は「時間の無駄だって思っているけど見てしまう」と言っています。
ある学生は「もうFacebookは書かないようにしている。なんか、、、自慢しているみたいだから」
という意見も。

確かに、Facebookに楽しい写真を載せて、それは何のため?
わたし、こんなに楽しいよー!
こんなにすごいことしているよー!
という自慢にも見えかねません。

そして、そういうことをすることによって、よく知らない人からも自分の日常が覗き込まれて恐ろしい。。。

そう、この「よく知らない人の日常を覗き込む」というのが、まさに最初に聞いたハディースのことでした。
つまり、関係のない人のプライバシーを覗いてはいけない、という意味だったんですね。
知ろうと思えばストーカーのようなこともできてしまうけど、関係ない人のことをそこまで注目するのは良くないことだね、という話になりました。

この「関係ある」「関係ない」はお互いが同じ気持ちでいないこともあるので難しいですが・・・。

でも一方で、Facebookに写真を掲載することで「想い出」が残る、という意見もありました。
でも「想い出」は誰のため?公開して何が楽しいの?という意見も・・・。

今回は参加者のレベルの差もあり、討論することはできませんでしたが、なかなか興味深いネタだと思います。

わたしは家族や友人と離れて遠くの国で暮らしているので、Facebookやその他のSNSは自分の生存報告の意味もあるんだよ、と説明しました。
そして学生に向けての連絡手段にも使っているとも言いました。
でも後者の役割としてはFacebookは不完全だし、そういう使い方をすべきではないと最近は思います。


いずれにしても、簡単にいろんな人の情報を得られるこの時代、
無駄に他人の領域に踏み込んでいませんか?
それで自分の時間を無駄にしていませんか?


・・・そんなことを考えさせられた会話クラブでした。


(あれ?だとしたら、このブログこそ無駄な時間・・・??
少しでも読んでくださっている人の+αになれるように、記事に魂を込めます!!)

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://h1roko.blog.fc2.com/tb.php/144-b9d5dc84
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。