もし日本語教師がアラビア語を勉強したら
日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編、日本生活復帰編を経て、大学院編に突入します!

もしアラ in Podcast 002配信

「もしも日本語教師がアラビア語を勉強したら in Podcast 002」を配信しました!!
こちらでご確認ください!
↓↓↓
もしアラin Podcast 002配信

今回は、いつも会話クラブに来てくれているムハンマドさん(ハムーデくん、と呼んでいます)を捕まえ、講師役をしてもらいました。
録音状況があまりよくなかったので、せっかくの講師役の声が小さいです。
お聞き苦しいところもあるかもしれませんが、ご了承ください。


今回は、インタビュー役に挑戦しました。


フリートークの内容は以下の通りです。


①ハムーデくんはなぜ日本語の勉強を始めたのか。
・・・ドラマで日本語を聞いた時に、きれいだと思ったから。
「一リットルの涙」を見たからだそうです。

②何年前から勉強している?
・・・約3年前から。(じょうずですね〜)

③日本語以外に何を勉強していますか?
・・・英語と、トルコ語とアラビア語

④アラビア語を勉強しなくてはいけないんですか?
・・・アンミーヤ(方言)はネイティブスピーカーだけど、フスハー(標準アラビア語)は勉強しなければならない。

⑤アンミーヤとフスハーは何が違いますか?
・・・外国人が話していたら別に変じゃないけど、ヨルダン人がフスハーを話していたらちょっと変。

⑥話さないのにフスハーを勉強する必要がありますか?
・・・読んだりふるい本を読む時に必要です。1000年ぐらい前はみんなフスハーでした。

⑦どうしてアンミーヤがたくさんあるんですか?
・・・昔はアラブは一つの国でフスハーだけだったけど、その後「繁栄(はんえい)」して、いろんな言葉が混ざってアンミーヤがうまれました。
(例えば、フランスと混じってモロッコ方言、アルジェリア方言、ヨルダン方言はトルコ語と・・・)


ここらで、ギブアップ!!!!!!



今回のポイントは、
*名詞の女性形/男性形
アラビア語には名詞の女性形、男性形と別れています。
女性形の名詞にはターマルブータ「ة」がつきます。
例)先生
男の先生→ムダリス
女の先生→ムダリサ

*動詞の人称変化
アラビア語はわたし、あなた(男)、あなた(女)、彼、彼女、わたしたち、あなたたち、彼ら、と変化します。
(本当は彼ら2人、彼女ら2人、、、もあるらしいですが、わたしは知りません)
そのことについて話していますが、むずかしーよー。おぼえきれないよー。という状態です。がんばります。

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://h1roko.blog.fc2.com/tb.php/148-802c9290