もし日本語教師がアラビア語を勉強したら
日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編、日本生活復帰編を経て、大学院編に突入します!

日本フェア/JAPAN DAY @アリババセンター

会話クラブに引き続き、3月15日(金)に「日本フェア/JAPAN DAY」も開催。
これは日本文化を体験できるイベントで、前々回から交流活動を一緒にしている大学生の皆さんと一緒に開催しました。

場所は何度かイベントを開催させてもらっている、「アリババセンター」にて。
(ヨルダン大学のすぐ近くで、通常はアラビア語とドイツ語の語学センター)


このイベントは茶道コーナー、伝承遊び(けん玉、おてだま、コマ、ふくわらい、はし遊びなど)コーナー、浴衣コーナー、書道コーナー、折り紙コーナー、そしてK大学の研究室の紹介コーナーにわかれてそれぞれに学生や先生が配置され、ヨルダンの人に日本文化を紹介&体験してもらって一緒に楽しもう、という内容でした。

茶道コーナー。お手前と抹茶試飲、お菓子も提供していただきました!


日本の伝統遊びコーナー。けん玉やお手玉、福笑いなどが置いてあります。


浴衣コーナー。女の子たちが写真をとりまくっていました。服の上から着るので簡単に着せられます。


書道コーナー。漢字とアラビア語のリストが予め用意してあって、書きたい漢字に挑戦。「光」「挑戦」などが人気でした。


折り紙コーナー。大人も子供も一生懸命折っていました。指導する学生は大忙し!



3日前ほどにFacebookで告知しただけなのですが、これまたたくさんの人がきてくれました!!
Facebookの力がすごいのか、日本人大学生パワーなのかわかりませんが、おかげさまで大盛況でした。
うれしいですね。

わたしは浴衣コーナーのお手伝いをしました。
着付けはできないと思っていたのですが、これが不思議なことにやらなければならない現場に来るとなんとかなるもので、気がついたら適当ながらも着付けをしていました。
(さらにこれは後日談ですが、浴衣の洗濯もできるようになりました)

来てくれたヨルダンの人々は主に日本語学習者かその兄弟でした。
みんなこういうイベントには兄弟連れで来るのが多いんですよね。

浴衣は男女ともに人気で、男性陣はちょんまげ+おもちゃの刀で大盛り上がりでした。




当日は4時から6時という設定でしたが、7時ぐらいまで人が帰らず、大幅にオーバーしたしヘトヘトに疲れましたが、楽しいイベントでした。

日本人の皆さんも現地の人と少しは交流できたのならいいのですが、浴衣で精一杯で他のところまで見る余裕がありませんでした。

でも今までで一番準備もしっかりしていたし、当日もスタッフが各自素晴らしく機能していたし、、、
日本の大学生ってすごいなあ。。。

ヨルダン大学のイベント運営よりよっぽど・・・げほげほげほ!なんでもないです!!

笑顔がまぶしいね!!
スポンサーサイト

Comment

おひさ
こんにちは。
NTCで働くことになったぶち姐です。
久しぶりにブログを拝見。
それにしても、賑やかな日本紹介イベントが伝わってきます。

こういう感じの、アラブ紹介イベント、
二本松市や福島県内でやってみたいなぁ。

ではまたね。
2013.03.20 16:30 | URL | ぶち姐 #fkxczLn. [edit]
Re: おひさ
ぶちねえ
まさかの!いやでも納得!!の、NTC勤務ですね。
ヤスミーン先生と一緒に働けるのはうらやましいです!
二本松の温泉がなつかしいです。
ぜひぜひ、アラブ祭りをNTCでも実施してみてください。

ヨルダンからぶちねえの新しい活動を応援してます♪
2013.03.22 21:03 | URL | hirokonihongo #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://h1roko.blog.fc2.com/tb.php/159-63a394a5