もし日本語教師がアラビア語を勉強したら
日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編を経て、日本生活復帰編に突入します!

会話クラブ 第20・21回 アラブと日本の結婚、恋愛

すっかり忘れていました。
会話クラブ、最近なあなあになっていてイカン!
と、思いながらなあなあになっている現実。

今回は20回目、21回目が同様の内容になりました。
まずアラブ文化の結婚について。
これは第1回めと内容が重なってしまうのですが、なぜかこの話になりました。
より詳しく時系列で恋愛〜結婚の流れを教えてもらいました。

まずは男が女の家に行き、プロポーズ。
その後、コルアーンの「ファーティハ」という節を読む。
その後、婚約をしてパーティーをして結婚式をして、人によってはハネムーン。

毎度驚かされますが、「お付き合いをする」段階は「婚約後」です。

それに対して、21回目のテーマは「日本の恋愛、結婚観」。
なぜなら20回目の際に「日本はどうですか?」と聞かれて話す時間がなかったので次回につづく、、、という事態になりました。

前回と同じく時系列で話しましたが、
まずは「お付き合い」があり、その後、プロポーズ→両親へ挨拶→婚約/結婚→ハネムーン。
という流れです。

ここで、「プロポーズ後に両親へ挨拶」に対して学生は驚いていました。
結婚相手を両親が知らないの!?!?
もし両親が反対したらどうするの!?

などなど、驚きだったようです。

(日本では両親が反対するパターンは少ないし、反対して逃げるカップルもいるよ。と言ったら驚かれました。
アラブでは両親から逃げるのはかなり難しいそうです)

さらに同棲もいつスタートしてもOK、デートもいつでもOK、2人で旅行もいつでもOK。
言いませんでしたが、なんなら妊娠もいつでもOK(ではないが、ありうる)。

アラブでは結婚は家族のことなので結婚相手が誰なのか両親、親戚は前々から知っているそうです。
でも日本で言ったら付き合う段階で家族に紹介するというわけで、、、ちょっと難しいかなと思います。
付き合う人=結婚する人ではないので・・・。


どっちが良いとか悪いとかではなく文化の違いですね。


ちなみにアラブ社会では「離婚」はあまり良いイメージではないそうです。
特に女性にとって。
女性は一度離婚をして子供がいると再婚しにくい、とある学生が言っていました。
でも私の知り合いで子供2人抱えて再婚を2度している人を知っています。
アラブの国出身で、もちろんムスリマ(ムスリムの女性)です。

いろんな人がいるってことですね。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://h1roko.blog.fc2.com/tb.php/177-85d0572c