もし日本語教師がアラビア語を勉強したら
日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編を経て、日本生活復帰編に突入します!

学生の不満と中級コース

ヨルダン大学の授業は週に2、3回ありますが、外部の一般公開講座は週に1回、1時間半の授業しかありません。

当然、授業内だけで上達するのは難しいです。
授業でやったことをちゃんと覚えていないと次の課に進んだ時にチンプンカンプンになってしまいます。

これは当たり前のことですし日本語じゃなくてもどの教科でも大体同じだと思います。

私が直面している問題は、一般公開講座はついてこられなくても構わない、ということです。
これがもし受験生や日本へ行くための企業の研修なら、「ちゃんと勉強しないと生活(仕事or大学合格)できないよ!」と教師が厳しく指導しなければならないのですが、ヨルダンでは違います。

ヨルダンでは日本語はあくまで趣味。楽しむためのものです。
日本人は少なく、必然的な話す機会はほとんどありません。
日本語ができたからといって日本に留学できるわけでも日本企業で働けるわけでもありません(働けたとしてもナショナルスタッフとして雇われるのでオイシイ仕事ではないらしい)。

日本語に対するインセンティブというか目に見えるような「お得感」が全くない中で日本語を勉強する機関としては、
とにかく学習者に楽しんでもらおう!
とか、
日本(異文化)を知って、自分の世界も広げよう!
とかいうことを目指すわけであり、厳しく指導して日本語をマスターすることを目標に掲げている訳ではありません。
日本語に触れた時間が有意義ならそれで十分。
日本とヨルダンや自分の文化との違いを知り、人生の中で何か素敵なひとときを過ごしてくれればそれでいいんです。


勉強を始めたばかりのころは、みんなやる気もあるし簡単なので週に1度でもまだ余裕はありますが、レベルが上がるにつれてそのチンプンカンプンの度合いがぐっと上がります。

授業以外の場所で勉強をしている学習者はスラスラと答えられるし今まで勉強してきた語彙や文型を使って長く複雑な会話表現が言えるようになりますが、そうじゃない学生はいつまでたってもひらがなが読めなかったり新しい文型が理解できなかったり日本語が話せないのでアラビア語か英語で常に話したり・・・という事態が発生します。

でも後者の学生が悪いわけではありません。

そして彼らが怠け者なわけでもありません。

日本語はそういう位置づけでも構わないんです。
日本語に触れ合う時間が楽しければそれでいいんです。


なので私は(おそらく他の先生方も)楽しい授業を目指すわけで、当然「あまい」と言われるような教師になっていると思います。


と、ここで終わりではありません


実は、その一握りの「本気で勉強したい」学習者たち
彼らに対してどうサポートすれば良いのか、というのも大きな問題です。
レベル3ぐらいになると、他の学習者が本気で学んでいないことに対して不満を口にする学習者がちらほらでてきます。
そういった学習者はたいてい、アニメやマンガで多くの語彙や文型を知っているし、そこそこ話すこともできます。
ですから教科書に出ている文型を学ぶだけでは物足りないし、ひらがなも読めない語彙力のない他の学習者にイライラしてしまうわけです。
中には「自分以外に日本語のできるやつはいない」なんて思い込むだけではなく口にだす輩もでてきます。

そんな時に私は、
調子にのんな!
と一喝し、彼ら自身もまだ完璧ではない部分(助詞や発音や正確さが足りない)を伝えたり、学びたい気持ちは人それぞれなので他人に気持ちを認められないなら1人で勉強しなさい、と言ってみたりしています。


ですが、彼らの気持ちもわからなくもありません。


私も学生時代や日本語教師の勉強をしていたころは情熱を持って勉強しない人に対して常に冷ややかな目で見ていましたから(時々見るだけでは気が済まずに怒鳴り散らしていました)。


なので、一部かもしれませんがやる気にあふれる心をつぶしたくない、そして「俺はできる」と思い込んでいる学習者に現実を知ってへこんでもらいたい(このままだと傲慢になってしまいそうで心配なので)。
という想いを込めて、来月11月より初級後半〜中級レベルを開講します


初級後半〜中級クラスはある先生のご好意で非公式的に教えていたのですが、来月から正式に(お金を取って、という意味で)コースとして開講します。

といっても本当にお試しなので、今まで同様「みんなの日本語Ⅱ」を使って文法の勉強とJLPTのN4の聴解問題を追加して勉強していくつもりです。
(「つもり」とか言ってもう10月も末だぞ、私)

このクラスでは「全員が楽しく」ではなく、「頑張った分、実になっているぞ!」という実感を持ってもらえるような授業を目指します。


もうすぐ11月。。。まだ準備できてないけど、もうすぐ。。。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://h1roko.blog.fc2.com/tb.php/218-1ad8e039
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。