もし日本語教師がアラビア語を勉強したら

日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編、日本生活復帰編を経て、大学院編に突入します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特訓はじめました。

実は、アラビア語の特訓をはじめました。

というか、ついに「もし日本語教師がアラビア語を勉強したら」のメインイベント、

「もし日本語教師が語学講座でアラビア語をネイティブの先生から習ったら」


が始まりました!!

わたし、hirokoはこのたび、某所にてネイティブの先生からアラビア語を習うことになりました。
しかも1日3〜5時間の授業+自習2時間以上という特訓です。
月曜日から土曜日まで授業を受けて、授業の後も自習の時間が設けられているので学ばざるを得ません。


まさに学校で日本語を学ぶ学習者と同じ状況です。
ただ、少し違うのは学習者は日本人だけで、先生も日本語を使ってアラビア語を教える間接法と言われる教え方です。(私は日本語で日本語を教える「直接法」で教えています)

それでも一日何時間も外国語を学ぶチャンスです!
この某所にはアラビア語だけでも3クラスあって、その他にもいろんな言語を少人数で学ぶ人たちが集まってきています。
そのため、某所内での外国語トークを推奨されていますし、先生の数も多く、日本語学校とは違って話す機会が多くなりそうです。

これを機会に学習者の気持ち、そしてアラビア語と日本語の違いを知っていく中で、後の日本語教育に生かしていきたいと思います。

今後ますます上達できますように!
インシャアッラー!!

スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。