もし日本語教師がアラビア語を勉強したら

日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編、日本生活復帰編を経て、大学院編に突入します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今だから書ける2013年珍事件

2013年を振り返った時に、あまりにも珍事件が多かったのでせっかくなので記録に残しておきます。

その1.バスガス爆発
バスは爆発していません。
自宅のガスオーブンが爆発しました。
私の家のコンロは下の部分がガスオーブンになっています。
そこでクッキーか何かを焼こうと思って初めて使ったときの話しです。
ガスオーブンは点火をチャッカマンでやるのですが、点火してしばらく経つのに全く温度が変化しないので、
「あれ?もしや点火できてなかったかな?」
と、もう一度チャッカマンを入れて点火したところ、プチ爆発
小さなキノコ雲がオーブンから出てくるのを目撃しました。
漫画みたいダッタ・・・。
まわりには何かが焦げたにおいが満ちて、黒こげが宙に舞っていました。
あまりのことに笑えてきましたが、しだいに痛みだす右手。
この衝撃で、右手の甲と右眉の端が焼けました。
でもおかげさまで酷いケガにはならず、今では笑えるようになりました。

以降、ガスオーブンは恐ろしくて使っていません。
おかげさまで炊飯器でケーキをつくったり、レンジでクッキーを焼けるようになりました。
アルハムドリッラー!


その2.かばんをひったくられる
これは書いたかもしれませんが、エジプトに行った際にやられました。
暗い夜道を女2人で歩いていた時、後ろからやってきた2人のりスクーターにやられました。
これは今思い出しても怖い。
それ以来、夜道はなるべく歩かないようにしていますし、歩く場合でも必ず複数。できれば男性と。
仕方がなく1人で歩くときは全速力で走るようにしています。
ひったくられたのは大変でしたが、その時に無抵抗にかばんから手を離して正解だったと思います。
下手にかばんをつかんで引きずり回されたり攻撃されたら怖いですから・・・。
この時、パスポートや大半の現金はかばんではなく身に付けていたのも不幸中の幸いでした。
そして旅行保険に入っていたのも救われましたね。
転ばぬ先の杖とはまさにこのことだと思った事件でした。


その3.真夏にウールズボンのドライバー
これを書くと、偏見がうまれてしまわないか心配です。
エジプトのひったくりの件もそうですが、危ない人やおかしい人は本当にごく一部です。
大半が優しい全うな人間が多いです。
でも、こうやって事件を書くとなると、どうしても変な一部の人をクローズアップしてしまいます。
というわけで、これは本当にありえない変な人のお話であって、ヨルダンのスタンダードではないということを念押しした上で書きます。

あれはそう、まだまだ暑い8月下旬か9月の頃。
公開講座の授業が終わってからスーパーで買い物をしていたら、日が落ちてしまい、早く帰ろうとタクシーに乗りました。
いつものように自分の家のエリアを伝えて一息ついたら、ドライバーが後部座席の後ろに置いてある自分の上着を取ってくれというので、置いてあったジャケットを渡しました。
何で後部座席の後ろにジャケットを置いているんだろう?
そして暑いのになんでジャケットがいるんだろう?
謎に思いながらドライバーの様子を見ていると、そのジャケットを自分の太ももの上に置きました。
そのとき、ちらりとウール素材のズボンが見えました。
「この人、まだ暑いのにウールのズボンをはいているし、さらにジャケットまでかけて・・・寒いのかな?」
なんて思っていましたが、ものすごい違和感があります。
そう、、、ウール素材のズボンなのではなく、そのドライバーの地ウール(毛)でした(爆)!
だから寒かったのね。
だからジャケットをかけたのね。
ていうかなんでそんな格好で運転しているんだこの人。そういう趣味??

と、軽くパニックになりましたが、こういうときに下手に騒ぐとこの手の方々は喜ぶらしい、と聞いたことがあるので、至って冷静に「止めてください」と言って、タクシーを降りました。
お金は手渡さず、ドライバーの肘掛けに置いて出ました。

よっぽど写真でも取って警察に持っていきたかったですが、そんなことをして逆上されたら恐ろしいので何もせず、気がつかなかったことにしました。

さすがに私も降りた直後は足が震えたし、しばらくこの話しは誰にもできないぐらいのショックでしたが、今では笑い話です。
それ以来、タクシーに乗るときはまずズボンをはいているかどうかをチェックしています!

でも、ほとんどのドライバーが普通の人ですから!!
1年半、ヨルダンにいますが、あんなドライバーは恐らく後にも先にも1人だけです!
真面目に働いている礼儀正しいドライバーさんもいますから、マジで!


そんな感じでいろんな珍事にめぐりあった1年でもありました。
他にもあったかなあ。
大事件にならずにすんで本当によかったです。アルハムドリッラー!
スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。