もし日本語教師がアラビア語を勉強したら

日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編、日本生活復帰編を経て、大学院編に突入します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この期に及んで、アラビア語 4日目

4日目にして、初!読解に挑戦しました!
配られたのはアラビア語で書いてある文章のプリントのみ。

先生の「ヤッカラ(読んで)!」の合図で音読開始。



・・・よ、よめましぇん!!


だ、だって!
アラビア文字は子音しかなくて、たとえば「س」は「s」ということはわかるのですが、それが「sa」なのか「si」なのか「su」なのかが書いていません!
だからなんとなく前後の音の雰囲気で発音しなければならないのですが、その訓練がまだ出来ていません。
だからアラビア語の文章を読むのはかなり難しいのです。
しっている単語でも耳で聞いたらわかるのに、文字になっていると読めないことが多々あります。

さらに、知らない単語ばかりで、結局つっかえつっかえ読むだけで精一杯。
意味なんて到底わかりません。

すると、先生は英語でそれぞれの単語の訳を始めて、「今の文の意味は?」と、最終的に英語で意味を答えて「OK、じゃ、次!」と、進めていきました。

こ、これが読解・・・。

一通り読み終わって、最終的に先生は私たちに
「じゃ、今の文章の意味は何?」
と聞きました。

英語で内容を答えると、
「タマーム(完璧)!」
と、笑顔。

そして読解は終了・・・。


こ、これでいいのか読解!?
謎。
読解というか英語訳の練習?
むしろ英語の練習??

まあ、いいんですが。

ちなみに、同じクラスのTさんは英語が苦手で、単語の意味を英語で言われても「?」状態。
Tさんはむしろアラビア語で説明されたほうがわかったようです。
そうか、そういう人もいるのか。。。という勉強になりました。


読解は私も教える身としてとても苦手。
身になる読解って何だろう?

大きな課題を再度確認しました。
スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。