もし日本語教師がアラビア語を勉強したら
日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編を経て、日本生活復帰編に突入します!

ヨルダンの世界遺産・アムラ城とアズラック湿地帯

1月にアズラックへ行ってきました。
アズラック」とはアラビア語で「」の意味。

ヨルダンに来る前から行ってみたいな~と思っていた場所です。

ヨルダン東部に位置して、かつてはアンマンに水を供給するほど水が豊富な場所。
湿原もあって、いろんな動物が棲息するオアシス・・・だった場所です。


【アズラックへのアクセス】
アンマン内のラガダンというバスターミナルへ。
ラガダンの新ターミナルの方へ移動して、乗り合いバスで1時間ほど行くとアズラックに到着です。
*でも、行きはよいよい、帰りは怖い。帰りのバスがなかなかありません。
という事情から、ラガダンからザルカという町へ行き、そこからタクシーをチャーターする人も多いそうです。
我々も一泊して翌日の足がないので、けっきょく45JDでアンマンまでタクシーをチャーターしました。


【アズラック城】
まずはアズラックについたらアズラック城へ。
古代ローマ時代からのお城で、その後も使われ続けていたのですが、有名なところでは「アラビアのロレンス」という映画で有名なT=E=ローレンスらによるアラブの反乱の拠点が置かれたことでも知られているそうです。
(スミマセン、アラビアのロレンスを見たことがありません・・・)


【湿地帯コテージ に泊まる!】
目的の一つでもある「湿地帯コテージ」にも泊まりました。

野戦病院を改造して作ったコテージは「Wild Jordan」という王立自然保護教会が運営していて、センスがいい!

なんか落ち着く!

ヘルー!!

な、場所に1泊しました。

夕陽にうっとり・・・。
(写真を撮ったのですが、すぐ隣が軍の施設らしくて怒られてしまいました)


【湿地帯】
翌朝、直食を食べたら徒歩10分ぐらいのところにある湿地帯へレッツゴー。
かつてのオアシス。
アンマンの水源でもあったアズラック湿地帯。
さていかに!?



見事な水量!
と、思いきや、よく見ると、パイプから水がチョロチョロ…

・・・きゅ、給水されとる・・・∑(゚Д゚)


この見事な沼は、現在は給水されてやっと保っている状態です。

給水できない場所は干上がってただ草が生えるのみ。。。

つわものどもが、ゆめのあと・・・。


それでも、沼には鳥が集まってきて、静かで落ち着いた雰囲気が楽しめます。

(ウンムアルラサース同様、観光客がだれもいなかったので)


【世界遺産・アムラ城】
最後にアンマンへ向かう途中にアムラ城に寄ってきました。
こちらも世界遺産!
観光客が少し(2、3名)いた!!

イタリアの支援で改修しているらしいです。
城の内部のフレスコ画の色がはっきりと残っていてとてもきれいでした。
描かれているのは天使やぶどうなどの動植物や裸の女性や・・・とてもローマを感じました。
本当に昔はイスラムじゃなかったんだよな。としみじみ思います。
城の中にはドームがあって、内部には星座図も描かれていました。

その他、いろいろお城があるようですが、疲れたのでもうアンマンに帰ってきてしまいました。

1月に行っても日差しが暑かったです。
アズラックは冬に行くといいな、と思います。
隣接のショーマリ自然保護区(動物がたくさんいるらしい)は、まだクローズしていました。
「いつあくの?」
とスタッフに聞いたら、
「3月、インシャアッラー」
と言っていました。
今年中に開くと良いですね。
スポンサーサイト

Comment

アズラック湿地帯
アズラック湿地帯。
遊歩道をのんびり歩いて、がんばって動物さんたちを
探した覚えがあります。

福島県には、オアシスはないけれど、
猪苗代湖という湖があって、
今は、白鳥たちが来ていて見ごろ。↓

http://borninjordan.blog.fc2.com/blog-entry-78.html

ショーマリが閉まっているなんて、残念。
でも、ヨルダンの自然保護区はほかにもいっぱいあるので、
楽しんでほしいと思います。

2014.02.15 07:04 | URL | ぶち姐 #fkxczLn. [edit]
Re: アズラック湿地帯
猪苗代湖の写真、見ました!
白鳥多すぎてちょっと驚かされます。
でも雪景色がきれいですね。
ヨルダンにももっと鳥が集まる場所があればいいのですが。。。
ショーマリが復活したらまた行ってみたいと思います。
2014.02.20 17:30 | URL | hirokonihongo #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://h1roko.blog.fc2.com/tb.php/253-ee7ac55b