もし日本語教師がアラビア語を勉強したら
日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編、日本生活復帰編を経て、大学院編に突入します!

ノンネイティブ講師育成プロジェクト⑦良い教師って何だろう?

アシスタント教師をしてくれたHさんが先生デビューしました。
その授業を見学していて・・・「良い先生」って何だろうってことを考えました。

Hさんは授業中ずっと笑顔で、遅れてきた学生やむくれている学生に対しても笑顔で、クラスの雰囲気がとても温かくて楽しそう。
ゲームを入れたり、ジョークを交えたり、、、まあ、ちょっとアラビア語で話し過ぎなのは問題ですが、学生はとにかく楽しそう。

Hさんは他の日本語学習者と比べて特別に日本語能力に優れている訳ではありません。
発音が違うし、文法も完璧じゃないし、難しい文法はまだ知りません。
でも、他の誰にもあんな風に温かい雰囲気は作れないな、と思いました。
作れないというか、あの雰囲気に持っていくまでには相当な時間がかかると思います。

自分が日本語教師の勉強をしていた時やそして日本で日本語を教えていた時に、学生に質問されたことに答えられないと、自分はダメだなあ。教師としてまだまだだな。と深く反省したり落ち込んだりしていました。

もちろん知識が整理されていて何を聞かれても完璧に答えられることは素晴らしいことだと思います。
でもそれがイコール「良い教師」なのでしょうか?

ヨルダンに来てから、日本語教師は日本語を教えるだけの仕事ではないんだとひしひし感じます。

勉強って実は楽しいんだよ。とか、
頑張ったらいいことあるかもよ。とか、
仲間って良いよね。とか、
いろんな価値観があって良いんだよ。とか、
前向いて生きていこうね。とか、、、

うまく言えませんが、生きる力を与えるなんていうと大げさかもしれませんが、まあとにかく「楽しさ」を伝えることも仕事のうちかなーなんて思うようになりました。

だからHさんの授業は「良い授業」でした。
(もちろん授業後のフィードバックでは文法の間違いや発音のミスや学生への発話を増やす努力をするように・・・などなど語学的なことを言いましたが)


授業後に、「なんでそんなに笑顔でいられるんですか?」と聞いたら、
私はこの仕事が好きだからです。仕事をしていると、元気になります。学生の笑っている顔が好きです
と言っていました。




なにこれ天使??




ちょっと泣きたくなりました。
スポンサーサイト

Comment

日本語教師と表現力
こんにちは!
昨日、254が無事修了。今日は、でも、がんばるプロジェクトのイベントがあります。
ハナーンさんが、ブログ記事を書いてくれて、
とってもうれしかったです。


254というと、Aさんの指導力。
日本語教師でもありますが、音楽をはじめとした
表現力も大変豊かな方で、私も勉強になりました。

日本語を教えること、言葉を教えることって、
イメージさせること、表現力にもつながってるんだなぁ。
2014.03.15 06:08 | URL | ぶち姐 #fkxczLn. [edit]
Re: 日本語教師と表現力
Aさんはいろんなお仕事をされているし多彩な才能があるので特別ですよ!
でも、がんばるプロジェクトが続いていきますように。
2014.03.16 02:00 | URL | hirokonihongo #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://h1roko.blog.fc2.com/tb.php/261-37a60a97