もし日本語教師がアラビア語を勉強したら

日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編、日本生活復帰編を経て、大学院編に突入します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨルダンで向かえる2度目の誕生日

最近、スピーチコンテストの話しばかりなのでやや息抜き。

先月、無事に2度目の誕生日をヨルダンで向かえることができました。

去年は「先生のサプライズパーティーをしたいので、予定あけといてください」という、サプライズパーティーを同僚と学生が開いてくれました。ありがたいですね。

ヨルダンでは、誕生日の日は誕生日を向かえる人が周りの人を招いたりケーキをあげたりする習慣があるそうです。
他にも、卒業式には卒業する人が周りに感謝の品をプレゼントしたりおごったり・・・。

それって良い習慣だと思いました。
私も誕生日にお祝いされるのってけっこう苦手で、自分で振る舞ったほうが心が楽です。
むしろ、今まで支えてくれてありがとう、と再確認するためにも「誕生日は周りに感謝する日」という習慣がもっと広がれば良いのに、と思います。


今年の誕生日は普通に授業がありました。大学ではなく、外部の一般公開講座で。
授業の中盤ぐらいで同僚が教室に入ってきたので、
「すみません、まだ授業中なのでちょっと・・・」
と思ったら他の学生も乱入してパーティーが開始。

え?え?いやいや、授業は??
と、宿題を握りしめて訴えてしまいました。

ハメられた!と思いましたが、嬉しかったです。
プレゼントをもらうのは苦手なままでしたが・・・。でも嬉しかったです。


まあ、なんだかんだいって、誕生日に誰かにおめでとうを言ってもらえるってしあわせです。
ありがたやー。


アラビア語では誕生日の時に、
「100歳までいきてください!」とよく言われます。
これはなにかなーと思っていたら、アラビア語でそういう表現をするらしいです。

アラビア語でなんというか忘れてしまったので、また聞いてみようと思います。

なんだこれ、ただの思い出話。
スポンサーサイト

Comments

心がホカホカになるお話

こんにちは。
心が温かくなるお話ありがとうございました。
誕生日は、両親に手紙をかいています。
(ヨルダンにいる間は、スカイプで顔を見せていました)

誕生日。初恋。
どれもこれも、いいものですねぇ。

2014.05.21(Wed) 15:39       ぶち姐 さん   #fkxczLn.  URL       

Re: 心がホカホカになるお話

コメントありがとうございます。
初恋と誕生日。なんだか変な組み合わせですね。

2014.05.25(Sun) 00:53       hirokonihongo さん   #-  URL       

Post A Comment

What's New?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。