もし日本語教師がアラビア語を勉強したら
日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編、日本生活復帰編を経て、大学院編に突入します!

平和について考えてみた

想像してみました

もし、日本が他国に軍を派遣して、しかも攻撃したら?

学生に「日本は戦争をしない国ですばらしいですね」と言われても、「いやでもこれから戦争しにいくかもしれません」と答えなきゃいけないのかと思うと、、、嫌です。

「なんで日本が戦争するんですか?」と聞かれても「日本の平和を守るために他国を攻撃するんです」って理論は理論とは言えないですよね。


ヨルダンに暮らしていて、嫌なこともあるし苦手なこともありますが、嫌なことばかりじゃありません。
この国に住む人に助けられて生きているし、ヨルダンに限らず他の国にも大事な人がたくさんできました。

そうなるともう外国は「遠く離れた別の国」ではなく、「友人の住んでいる国」もしくは「友人の故郷」になっているわけで、そんな国々と日本とが戦争になったらとても困ります。

他人事ではいられないぐらい、困ります。

それに日本にいる家族や友人も、日本以外にいる人も大事なんで、誰かを攻撃して日本が平和になれたとしても良かったとは思えません。

日本も平和。みんなも平和がいいです。

世界中の人が世界中の人と友達になればみんな戦争をやめるんじゃないかな。・・・ってそんな単純なことじゃないのはわかっているけど、無駄じゃないんじゃないと思います。

ヨルダンに来てから日本人とヨルダン人の交流イベントを開催していて、あーもー疲れるなってことも多いですが、その結果、互いの国の人が知り合って仲良くなれる経験が回り回って平和になるのかも?とも思います。
大げさですが。

(まとまりない、モヤモヤした気持ち)
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://h1roko.blog.fc2.com/tb.php/296-7cbc45d2