もし日本語教師がアラビア語を勉強したら
日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編を経て、日本生活復帰編に突入します!

特訓3日目 動詞とかいろいろ

週末明けた月曜日、特訓3日目が始まりました。

今日勉強したのは、
「わたしは〜に住んでいます」
「わたしは〜を持っています」
「わたしは〜が好きです」
「このペンはわたしのものです」
「これはあなたのです」



!!!!!



今まで名詞文だけの世界に、いきなり動詞と前置詞文というものが入ってきました!

イッツミラクルスピードアップ!!!

全部は書ききれないので、「住みます」を例にとると・・・
原形(辞書形)は、「سكن(サカナ)」(魚じゃないよ!)

それが以下のように変化。
ان أسكن في アナ アスクン フィー 〜 / わたしは〜に住んでいます。
أنتَ تسكن في アンタ タスクン フィー 〜 / あなた(男)は〜に住んでいます。
انتِ تسكنين فيアンティ タスクニーナ 〜 / あなた(女)は〜に住んでいます。
ةو يسكن في フワ ヤスクン フィー 〜 / 彼は〜に住んでいます。
ةي تسكن في ヒア タスクン フィー 〜 / 彼女は〜に住んでいます。
نحن نسكن في ナハヌ ナスクン フィー 〜 / わたしたちは〜に住んでいます。



どや!!・・・(泣)



これが一気にでて、さらに「持っています」は前置詞文というもので、また別の変化をします。
こんな違う変化をするものを50分×5コマの中で出すなんて・・・涙。
でもがんばります!!

というわけで単語まで書けなかったね。
もう無理だね!
おぼえるので精一杯さ!


さて、わたし以外の学習者(つまりクラスメイト)の様子を見ていると、
「こんなのおぼえられないよー」
とか、
「なんでこんなめんどくさいのにしたんだよー」
とか言っております。。。


これって外国語学習者全てに共通する気持ちなんだと思います。
つまり、わたしも自分が教師の立場で日本語を教える時に、こういった気持ちを抱かれているんだと実感しました。
そこでわたしのクラスのアラビア語の先生はどう対応したか。

「だいじょーぶだいじょーぶ。ゆっくりね。
これ1つ覚えたら、あと全部おなじ変化だから。簡単簡単。
楽しくやりましょう。語学で楽しいはいちばん大事」

と言っていました。


いいね、ウスタード(先生、の意味)!

わたしはアラビア語の勉強とともに語学教師としても勉強させてもらってます。
!!شكراً (ショクラン/ありがとう)

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://h1roko.blog.fc2.com/tb.php/30-35fd0754