もし日本語教師がアラビア語を勉強したら

日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編、日本生活復帰編を経て、大学院編に突入します!

広域研修@ヨルダン その4.ノンネイティブ教師でがっかりされないために

講演が終わったら、会場にて昼食。
この昼休みの間に「カケポんかけだし」の収録をして、午後はグループワーク。

グループワークは3~4人のグループに分かれて、1つのテーマを決めて話し合い&報告というスタイルで実施しました。
このグループは基本的に別の国同士で組むことにしましたので、他の国の活動状況等の情報交換の場としても使えました。

私が参加したグループは、スーダンのNT(ネイティブ日本語教師)長澤先生とモロッコのNNT(ノンネイティブ日本語教師)ハリマ先生とNT菊地先生と私でした。

ハリマ先生は自己紹介の際に「自分はNNTなので、学生ががっかりしてしまう」と言っていたので、私にとってとても印象に残っていました。
これは、ヨルダンでも同じ状況で、日本人じゃない先生を嫌がる学生もいます。
というわけで、私たちのグループのテーマは「NNTでがっかりされないためにできること」に決まりました。

まず、なぜNNTだとがっかりするのか。自分が勉強するとき、NTとNNTはどっちがよかったか。
など、午前中の講演でも話し合いましたがもう一度4人で共有することから始めました。

私は大学生の時にドイツ語を勉強していたときは、NT(ドイツ人教師/ドイツ語ネイティブ)が良かったです。
NHKラジオにも出演している先生だったし、面白かったし、日本語も話せたし、発音がきれいだと感じたからです。
(実際にきれいかどうかは謎。今考えればその先生は南部出身だったので訛りがあったかもしれない)

でも、2年前にアラビア語を特訓施設に2ヶ月缶詰にされて勉強した際は、NT(日本人教師/アラビア語ノンネイティブ)の方が良かったです。
というか、自分の先生はNNTというかアルジェリア人で一応アラビア語は「話せる」そうですが、、、実はアルジェリアはフランス語の方が強いし方言がキツいので正しいアラビア語を話せる人は少ないそうです。
今考えても、あの先生のアラビア語が正しかったかどうかはわかりませんし、とにかくそれ以前に人として教師としての問題点が多々あったのでイヤでした。
(習っていた当時はネガティブ発言は控えていたけど、もう時効なので解放)

だからいくら発音が上手に感じても、教え方がとにかくヘタクソでわかりにくいので困りました。
しかもやる気がなくて休憩時間は長いし授業時間は短いし、人や物や地域の悪口ばかりで、とにかく人間的にイヤな部分が多かったです。

といったようなことを考えていると・・・良い教師って何?って考えた時に、もちろん文法の知識や発音についてもそうですが、なんだかんだで人柄って大事なんじゃないかなーと思いました。
別に性格がいい、とかいう問題ではなく、時間を守るとか、学生のことを考えるとか、学生の前では悪口を言わないとか、前向きとか、親しみやすいとか・・・。
そういう意味ではNTとかNNTとか関係ない。

しかもアラビア語を勉強していた時に、やはり最初の文字へのインパクトから日本語と英語ともかけ離れていてどうしようもならない!!と思っていた時に、でも意外と英語と似ている部分とか法則がきっちりしているからパターンを覚えれば他の言葉でも応用できるとか、語源から意味を推測できるとか・・・そういった学び方のコツを知っているのはNTよりもNNTのほうだったりするんですよね。

それはやはり、NNTは学習者としての経験があるからであって、その経験が共有できるのはかなり大きいです。

さらにはこの経験を共有しているからこそ、気軽に話しかけられるし関係も作りやすいと言う利点もあるんじゃないかな??
という意見を出しました。

他の人からは、

「全然何もわからない学習者に対して日本語で早口で話して、ビビらせてから、NNTで教えると自分の言葉で質問できるから安心感が産まれる」

という荒々しい意見や、

「上のレベルに行けば日本人の先生もいるということを伝える」「時々日本人もまぜて会話の授業をする」

といった日本人に協力すること前提の意見も出ました。

あとは、
「共通言語があるので学生と良い関係を作る」「NTとかNNTとか関係なくなるぐらいの良い授業をする」「NTに対して学生についてのアドバイスができるのはNT」などなど、いろんあ意見が出ました。


14322851519_e0d301d0ca_b.jpg14323005767_712655a721_b.jpg
発表用ポスター。

それらをまとめて発表しましたが、私はこのディスカッションを通して、
結局NTとかNNTとかではなく、良い授業をして、学生のことをしっかり見て、関係を作っていける教師が良い教師なんだなーということに気がつきました。
日本人=日本語ネイティブってことだけに甘んじてあぐらを書いていたらNNTにもその他のツールにもすぐに負ける今の状況。
私も常に進化を目指さないとな!と思わされたディスカッションでした。
スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?