もし日本語教師がアラビア語を勉強したら
日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編を経て、日本生活復帰編に突入します!

会話クラブ 第49回 何を持って帰りたいですか?

前回に引き続き、慶応大学の学生と一緒に会話クラブを開催しました。
今回は、アラビア語での会話クラブ。
テーマは、日本人には「ヨルダンから何を持って帰りたいですか?」
ヨルダンの人には「日本から何を持って帰りたいですか?」です。

今回参加しているアラビア語研修の学生さんたちはアラビア語を勉強し始めて半年の学生が多いそうです。
そんな日本人とヨルダンで日本語を勉強している学生たちがアラビア語(と英語と日本語のサポートあり)で話していました。

単純に、ほほえましかったです。

必死に話し合うって良いな、と思いました。

ちなみに、どんなモノを帰りたいかと言うと、
日本人は、「あいさつ」「アザーン(モスクからお祈りを知らせるお知らせ)」「クナーフェ(アラブのお菓子)」「アラビア語の本」などでした。

ヨルダンの学生は「日本食」「富士山」「秋葉原」「マンガ」「フィギア」「謙遜の気持ち」などでした。

面白かったです。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://h1roko.blog.fc2.com/tb.php/316-14ea35fd