もし日本語教師がアラビア語を勉強したら
日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編を経て、日本生活復帰編に突入します!

胃が痛くなるほどの挑戦・遠足

「2014年にやりたいこと」にも含めていた「遠足」をついに企画してしまいました。

ヨルダンに住んでいる人々(ヨルダン人、パレスチナ人、シリア人、イラク人・・・etc.)は、ヨルダンの国内旅行をする人があまりいません。

なので、私がヨルダンに来てお気に入りの場所、ワディラム砂漠はもちろん、ダーナ自然保護区やアズラックなどなど、行ったことのない人がほとんどです。

それなのに「ヨルダンは面白くない」「ヨルダンには良いところが全然ない」という人が多いので、いやいや行ったことないのに勝手なことを言うな!!


という気持ちで、企画したのが「ワディラム1泊2日遠足」です。

日本人と日本語学習で旅行して、楽しい思い出を作りたいというのが企画趣旨です。
そして個人的にはヨルダンに住む学生たちにヨルダンの良いところを知ってほしいという思いもありました。

でもこれが・・・んもうチョー大変!!

最初は旅行会社に知り合いがいるYさんという学生が「自分がアレンジするからまかせて!」というので任せたものの、詳細が全然わからず、そのままズルズル人を集めてしまった私も行けないのですが、出発1週間前に突然「お金を集めてください!明日払わないと!!」とYさんからの連絡。

そして慌てて集めたものの、旅行会社に行く当日の夕方になってから「すみません、仕事でいけないので先生ひとりで行けますか?」っておいーーーーーーーーーーーーー!!

でも仕方ないので私は集めたお金を持って旅行会社へ。
そしてスタッフと話し合った所、Yさんが言ってたこととやや食い違いがあってあせるあせる・・・。
しかも私の好きなキャンプ地に泊まれませんとのこと(予算の関係か、契約の関係か・・・)。
さらには出発時間も帰る時間も自由にできないという・・・。

いろいろ交渉した結果、
①出発地はなんとか大学前で交渉OK
②帰る時間は45人以上の団体になったら自由にしていい(バス貸切)。
※でもYさんは40人でOKって言ってたのに・・・。
③キャンプは「◯◯」ですインシャアッラー
※全然決まっていない様子。しかも「◯◯」は、うるさいって評判なので嫌だ・・・

という結果。

もうドーンと暗くなって、キャンセルしたい気持ちに教われました。

実は私は元旅行会社の社員で、業務の一環で添乗員の仕事もしていました。
だから、質の悪いホテルにお客さんを案内してクレームの嵐!という経験を数えきれないぐらいしてきたし、質の悪いことが予めわかっているのに何もできない経験も腐るほどしてきました。
だから旅行会社をやめたのに!!!
なんで日本語教師になってもこんなプレッシャーに悩まされなければいけない!?!?

しかも、出発1週間前になって学生のキャンセルがでるわでるわ・・・。
幹事役のYさんですら「いけないかも・・・前日に連絡します」って、、、バナナ!!!

もうどうなるのーーーーー!?!?

こんなことなら自分で手配しておけば良かったと、鬼後悔!!

でも後悔先に立たず。今回はこの旅行会社を通してしかできない(価格の問題で)。
そして帰りはアカバによって帰るコースなのですが、早めにアカバを出発しないとアンマン到着が夜になってしまってそれだけは絶対に避けなければならない!
(我々には「日没後、一人歩き禁止」&「門限22時」という掟があるので)

などなどパニック状態で食事も喉を通らず、悪夢にうなされるようになってしまいました。

しかし同行予定のK先生は、
「大丈夫ですよ〜。考え過ぎですよ〜。なんとかなりますよ〜」
とフォローしていただき、まあ確かに私は旅行会社の社員じゃないんだし、連絡係をしているだけで十分なんじゃないかしらという思いがムクムク。。。
あとは各自が楽しめば良いんじゃないかしらという気持ちもムクムク。。。
責任は私にはないんじゃないかしらムクムク。。。

さらには連日私のストレスをT先生に八つ当たり・・・いや、相談していたところ、旅行会社に連絡していただき、バス40人以上で貸切OK。という約束を取り付けてもらいました。
そして学生個人に呼びかけて誘ったら?というアドバイスを受けて誘ってみたら、予想以上に参加人数が増えてしまって満席御礼になりました!ひゃっほう!

というわけで明日出発なのですが、現時点でキャンセル待ちの学生が3名もいます。
バスも貸し切れたし、なんとか出発できそう。
あとは今日、未払いの学生からお金を回収して、旅行会社で支払いをして宿を確認して、バスのドライバーの電話番号までわかれば聞いてくるぐらいですかね。
あとは参加者の電話番号を知っといた方がいいかなあ・・・と思いついてしまったので全員にメール発信済み。

ああでもやっぱり不安!
そして旅行の幹事はもうしない!!


無事に楽しい思い出が作れますように・・・つづく。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://h1roko.blog.fc2.com/tb.php/330-0cec99d1