もし日本語教師がアラビア語を勉強したら
日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編を経て、日本生活復帰編に突入します!

胃が痛くなるほどの挑戦・遠足 その2

行ってきました。ワディラム。



総勢45名&大型バス貸切で。
一応、旅行会社に頼んでいたのでバス貸切&現地ガイド付きでしたが、ガイドが全く役に立たないので人数確認やら車内アナウンスなんかも私がやってしまい、久しぶりに添乗業務(別名:悪夢)を思い出しました。

恐ろしいほどに染み付いた添乗員モード。
嫌いなのに、時間の案内や朝のご挨拶や乗客の態度にハラハラしてしまう。。。ああもう病気。


心配していた通り、宿はサイテーでした。
安かろう、悪かろうはどの国でも同じですね。

キャンプはワディラムの中ではなく、入り口に位置していました。
さらに私は今まで40人も泊まったら貸切になるようなキャンプにしか泊まったことがなかったのですが、ここは300人ぐらいが泊まっていたらしいという超・巨大なもの。
夜は7時ぐらいからDJブースでアラブ音楽をガンガンかけまくり、電飾がまぶしいキャンプでした。
DSCN0260.jpeg
ネオン&アラビー音楽で踊りまくるアラビー(アラブ人)たち・・・絶句。

食事もまずくて、ある意味奇跡です。
(過去、4回ワディラムに来ましたが、何を食べても美味しかったので)

でもまあ砂漠はそこにあったし岩もそこにあったので、参加者の皆さんにはそれなりに楽しんでいただけたのかなあ。。。希望的観測です。
DSCN0244.jpeg
一応、岩山あり。登れます。

DSCN0205.jpeg
岩山から見るとこんな感じ。右手の円は夜になるとDJ付きダンスゾーンに変化。

とりあえず、私は砂漠で学生とバレーボールをしたり、スイカ割りをしたり、楽しく過ごせました。
さらにはうるさいキャンプを抜け出して学生と砂漠を放浪して、月明かりの下で棒倒しやハンカチ落としをできたので楽しかったです。
DSCN0251.jpeg
学生とバレーボール。一応試合形式でやってます。

DSCN0267.jpeg
スイカ割りも実施!スイカシーズンは終わりでしたが何とか見つけて持ってきました!!


まあ貴重な体験でした。
それにしても満月がきれいすぎて星が見えないという、これまた奇跡的にアンラッキーなワディラムツアーでした。
(まあでもある意味、あんなにきれいな月を見られてラッキー・・・??)


私の野望「ヨルダンの良いところを伝える」ことが、正直できなかったと思いますが、学生と時間を過ごすことが改めて好きなんだなーと感じることができた2日間でした。

10669999_10202876014918047_7972686640550800234_n.jpeg
とりあえず、夕陽はきれいでした。夕陽は・・・。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://h1roko.blog.fc2.com/tb.php/331-ee14c08c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。