もし日本語教師がアラビア語を勉強したら

日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編、日本生活復帰編を経て、大学院編に突入します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰国後の振り返り 日本語教育について

私はヨルダンで過ごした2年半で多くのものをもらいました。
日本語を大学と一般向けの講座で教えられる経験、教師を育てるという経験、そのために経営者と交渉(ケンカとも言う)する経験、理不尽な大学や教育機関と闘う経験・・・などなど。


そして、日本語を学びたい学生に教えられる喜び、日本が好きな外国人に向けて日本文化を発信できる喜び、日本語教育の大先輩たちと交流できる喜び・・・数えたらきりがありません。


私は2年半で様々な挑戦をさせてもらいましたが、全ては支えてくれる人がいたからです。

赴任当初から助けてくれたT先生はもちろん、公私ともにいろいろ教えてくれたK先生、やる気いっぱいのH先生、アシスタントのOさん、Bさん、仕事はあまりできなかったけどいつも笑顔で私を助けてくれた秘書のGさん、ケンカばっかりしていたけど最後はお願いを聞いてくれたM会長、そして日本語を勉強して、一緒に楽しんでくれた学生たち・・・。

忙しいときも辛いときも、学生がいたから続けられました。
体調が悪いときも授業をしていたら治りました。
宿題はやらないし、予習も復習もしないので、全ては忘却の彼方になっている学生もたくさんいましたし、日本語が多少話せるようになったら調子にのってマナーが悪くなったり、アニメの見すぎでネガティブ思考になったりという学生もいましたが、それでも彼らのことを嫌いになれません。

きっと日本語を勉強した学生の中で、これからもずっと日本語を勉強し続ける人は少ないかもしれません。

でも、たった数ヶ月でも日本語を勉強して、「楽しかった」という思い出が残ってくれればそれで良いと思っています。


少し話がずれますが、今、シリアのアレッポでは戦火の中で日本語を勉強している人たちがいます。
先日、日本フェアというイベントが開催されて、戦争中の学生とは思えないぐらい、みんな楽しそうに書道をしたり浴衣を着てポーズをとったりしていました。
そのイベントにはたくさんのシリア人が集まって、笑顔を見せていました。


ヨルダンには戦争はありませんが、難民の増加や経済状況などによってなかなか明るいニュースばかりではありません。また、若い人は特に生きる喜びや目標などを持っているように見えません(偏見ですが)。

ヨルダンでもシリアでも、日本語を勉強しても、日本に行けるチャンスは極わずかです。仕事に繋がる可能性もほぼありません。
それでも彼らは日本語を学びたがります。彼らはお金を稼ぐために日本語を勉強している訳ではないからです。
私が彼らと2年半一緒に過ごした中で見えて来たのは、日本語の勉強そのものが楽しいから勉強しているんだと思いました。

厳しい状況の中では、一瞬でも「楽しい」と思える瞬間が他のことを頑張る原動力になるからだと思います。

私は彼らの人生の中で本の短い時間しか一緒に過ごさなかったかもしれませんが、それでもたくさんの「楽しい」時間を共有できて、私はしあわせです。

今後、彼らが人生でつらいとき、悲しいとき、日本語を通して得た思い出が彼らの支えに少しでもなってくれたら嬉しいです。

スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。