もし日本語教師がアラビア語を勉強したら
日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編、日本生活復帰編を経て、大学院編に突入します!

2015年 1年の計は元旦にあり

ここ数年、毎年元旦には「今年はどんな年にしたいかな〜」を考えて書き留めています。

今年はヨルダンから帰国したし、新しいことが始まる予感。
というか、始めなければいけない感じ。
でもプレッシャーには感じていません。むしろワクワクしています。

きっとヨルダンで過ごした2年半が、もともと「◯◯しなければならない」が強かった私の心に「ま、いっか」精神を植え付けてくれたんだと思います(まだまだ足りませんが)。
そして私はどうやら完璧主義らしいので、多少できなくても自分を許せるように気をつけます。

なので、今年は楽しみながら挑戦をモットーにします。

無理はせず、でも恐れず。

特に仕事に関しては、挑戦していきたいことがたくさんあります。
せっかく無職になったので、やりたいことはまずやってみて、そこから自分のできること、他人に喜んでもらえること、役に立つこと、そして最終的にはお金を生むことを目指してがんばります(だって無職)。

そしてもちろん人への感謝を忘れず生きていきたいです。

特に両親のことを大切にしたいです。
ヨルダンにいる間、知人友人はもちろんですが、特に両親には多大な心配をかけてしまいました。
それでも文句も言わず、また延長を決めた際にも「いい加減にしろ帰ってきて結婚しろ」なんてことは一言も言わず(親戚には100回ほど言われましたが)、ただただ健康に気をつけて楽しみなさいと言ってくれた両親と少しでも楽しい時間を過ごしたいです。
これも頑張りすぎるとケンカして不穏な空気になるので、シュワイエシュワイエ(少しずつ)自分も楽しめる程度にやっていきたいです。

ヨルダンで過ごした2年半の恩返しはこれから始まります。
ヨルダンの人、そして支えてくださった方に「何か」を返すためにもがきたいです。

そのためにも自分が楽しむこと、挑戦すること、感謝することを3本柱に2015年を生きていきます。
インシャアッラー!
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://h1roko.blog.fc2.com/tb.php/360-3c4d56f0