もし日本語教師がアラビア語を勉強したら
日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編を経て、日本生活復帰編に突入します!

ヨルダンから戻って・・・生活編

海外生活が長いと、自分の国に戻って来た際に「自分の国なのに何かが違う・・・」という逆カルチャーショックを受けるそうです。

知ってはいましたが、実際に逆カルチャーショックなう。です。

まず人が多い
そして物価が高い
そしてそして、いろいろしなきゃいけない!!!!

人が多いのは仕方がないです。だって実際に人口が多いから。
もう人ごみで歩くと人にぶつかりまくってて本当に申し訳ないです。
しかもぶつかって「すみません」と言っても無視!!
ああ、東京砂漠・・・。

物価もなんだかめちゃ高いですね!
しかも小銭が多い・・・消費税3%upって大きいですね。
消費税に関わらず、お金を使う場面が多すぎだと思います。
ヨルダンではバスは50円ぐらい、タクシーは2〜300円でしたし、車も路上駐車で無問題でした。
お昼は外食したら安くて50円のファラーフェルサンドイッチ、高くてマクドナルドの1000円(高!!)でした。でも外食なんてあまりしなかったし、、、
そもそも自炊ばかりだったし、友人と会うときも大体誰かの家でした(家の方が落ち着くし、お酒も飲みやすいという理由から)。
それに仕事がない日は一日中家にいてアニメを見たりインターネットをしたりピアスを作ったりして過ごしていて、そんな時間がものすごーく幸せでした。

日本はもー全部高い!とにかくまずタクシーは乗れないし、バスも電車も塵も積もればで高い。
さらに路上駐車できないから自転車であってもお金を払わなければいけないし!
その分、道路が広くていいんですが。
(ヨルダンでは路上駐車が多すぎて渋滞になります)

それにいったん外出したらご飯もお茶も飲み会もお金がかかるし、可愛い物や質の良いものがどこでも売っているのでついつい買ってしまうし、美味しそうなものをみたらついつい買ってしまう・・・欲望が多いんですかね。
福沢諭吉が面白いぐらい去って行くので驚きです。
夏目漱石さんなんて、立ち食いそば屋がごとく消えて行きます。お、おそろしや!!

良いものが安く手に入ってとても良い国だと思いますが、それだけお金もとんでいきます。
そして本当に必要なものじゃなくてもつい買ってしまうのかもしれません。私だけかもしれませんが・・・。

今の私は2年半ぶりの帰国で、いろいろ人に会ったり行ったりすることが多くてそのように感じるだけかもしれません。
早くヨルダンにいたときのように一日中引きこもってダラダラしたいです。
それを罪悪感なく幸せな気持ちを保ったままできるような生活がしたいです!!

このように、「ヨルダンでは◯◯だったのにー」とか、「もともといた国なのに、なんだかなじめない・・・」と思ってしまうのが逆カルチャーショックだそうです。

海外生活をしていたからって、「私のいた国では〜」というフレーズで語る人を「けっ、帰国子女ぶりやがって!!」とか思ったり思わなかったりしていた私ですら、「ヨルダンでは〜」というフレーズを使ってしまう・・・恐るべし、逆カルチャーショック!!

でもヨルダンについて周りの人に伝えることは大事だと思っています。

でもでも、だからといって「ヨルダンはよかった、それに比べて日本は・・・」といった語り方はイケてないと思うし、その逆もやだし、それにヨルダンの何もかもが好きだった訳ではないのに帰国したとたんに「やっぱ海外よね」っていうのもずるいと思うので、そうではないイケてる語り方で今後もいろんな人にお話できたらいいな〜と思います。
どんな感じだかはまだよくわかりませんが。

(いろいろしなきゃいけない!についてはまた後日・・・)

スポンサーサイト

Comment

わかるわかる
わたしもカナダから帰国してからそんな感じで違和感を持ったまま社会人になってしまい、なんか半人前から抜け出せていない感が今でもあります。特に何かをしていなきゃいけないっていうところ!正社員で働いてアフターファイブも休日も充実していないとなんとなくはみ出しもののように思われてしまうところがすごく疲れます。わたしも自分ののんびりした人生に罪悪感を持つ事なく生きたいです。。
2015.01.18 15:47 | URL | mija #YG9ONXHE [edit]
Re: わかるわかる
そうそう、でも「◯◯しなきゃ」っていうのは気のせいなのにねー。なんかねー。
まあ、そういうのから解き放たれるためにももがくしかないし、きっともがいていれば数年後、数十年後にはイイ感じの人間になれるといいなーって思う。
2015.01.18 18:15 | URL | 中山 ひろ子 #- [edit]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015.01.29 08:12 | | # [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://h1roko.blog.fc2.com/tb.php/364-6a1df254
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。