もし日本語教師がアラビア語を勉強したら

日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編、日本生活復帰編を経て、大学院編に突入します!

日本で出会ったアラブ人、イスラム教徒

日本語学校での仕事も気がつけば2学期終了。
日本語学校の学生は大体1クラス15人ぐらいで、国籍は中国が多いです。最近ではベトナム、ネパールの学生が多いそうですが、私のいる学校は中国人が多いです。次にバングラデシュやスリランカ、そしてたまたまでしょうが、アラブ人が1クラスに必ず1人いました。
そう、帰国してもなおアラブ人にご縁がある(笑)
アルハムドリッラー。

そして私もやはりアラブ人に対して贔屓目というか仲間意識が拭えません。
日本におけるアラブ人は少数派です。
さらに日本ではイスラム教徒は圧倒的に少数派かつ宗教上、生活が困難なこともあります(食べ物とか)。
そんな思いからつい、アラブからの学生には目をかけてしまうのですが、、、けっこう彼らは彼らで楽しんでいるようです。

まず私がハラール(宗教上OK)な食べ物を紹介したところ、「豚肉以外はなんでもOK!お酒?うーん、まあちょっとならいいよね」って、、、何その考え方!?

さらには「飲み会に行ったらたのしかったー」「梅酒美味しかったー」などの発言。。。
マジかよ!!!!!!!!!

ヨルダンではお酒を飲む人がいると聞いたことがありましたが、本当に飲む人がいるとは!!
おそらく日本語を学んでいる人たちは真面目な人が多いので、そういう発言を聞いたことがなかったんだと思います。

さらには日本人の彼女を作ったり、彼女どころか女遊びをしていたり...今まで私が知り合ってきたイスラム教徒とずいぶん違うなーという印象を受けますが、これもまたイスラム教徒、アラブ人の一部なんです。
真面目なムスリムが「こういう人たちはイスラム教徒じゃない」とか「堕落してイスラムを忘れた」とかいう人もいますが、いやいやでも彼らはイスラム教徒だよ、と思うのであえて彼らも「一部」と断言します。

お酒を飲んだり異性との遊びを熱望する人たちは、たいてい「自分はいいムスリムじゃない」と言っています。
私はイスラム教徒ではないので偉そうに説法するわけにはいかないし、でも、多少イスラムの国で生活していたので「そんなことないよ〜だいじょうぶだいじょうぶ、ガンガン飲んで!遊ぼうぜ!」とは言えないし、でも、日本ではお酒はコミュニケーションツールのひとつだし、、、と、もやもやしますが、最終的には自分の好きに生きればいい!に行き着きます。

宗教は本人と神の関係だとイスラム教徒はいつも言っているので、自分の好きにすればいいと思います。
(でもだからこそダメなことがいっぱいあるんじゃないかなーとも思いますが)

こうして、ある意味多様なアラブ人、イスラム教徒に会って、私はイスラム教徒が好きなわけではなく、私の好きな人たちがたまたまイスラム教徒であったりアラブ人だったりしたんだとわかりました。
(そりゃそうだ)
当たり前ですが、○◯人だからとか○◯教徒だからとか、そういったカテゴリーで人をまとめるのはたとえプラスの思いでも偏見ということもわかりました。


と、様々の想いを経て、私も、自分の好きにします。
アラブ人だからとかイスラム教徒だからとか学生だからとかではなく、私がしたいようにします。
だから私が関わりたいから関わる。嫌だったらやめる。
そうやって単純な判断で、生きていこうと思います。

と、またわけのわからない終着点...
スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?