もし日本語教師がアラビア語を勉強したら
日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編を経て、日本生活復帰編に突入します!

学生との信頼関係

「学生との信頼関係」というと、いかに教師が学生からの信頼を得られるか、という問題に見えるかもしれませんが、私にとっては「学生を教師が信頼すること」も大事なんだと最近よく思います。

私が授業をしていると、学生の目が気になります。
私のこと、聞いてる...?怒ってる...?つまらない...?私のこと、信頼していない...?

と、結果として「学生に信頼されているかどうか」を気にしてしまうので、学生に信頼を得られるかという問題のようですが、実は逆で、学生に信頼されていようがいまいが、学生はついてくる!そして私の授業を続ければ必ずよくなる!と学生を信じる力が教師には必要なんじゃないかと思いました。
というか、私には必要です。

学生を信じる力と、やりぬく勇気ですね。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://h1roko.blog.fc2.com/tb.php/385-1adac929
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。