もし日本語教師がアラビア語を勉強したら

日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編、日本生活復帰編を経て、大学院編に突入します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特訓14日目 教科書レス→ノートの工夫

私のクラスは教科書をあまり使わず、プリントが多い・・・という話をしましたが、
とりあえず教科書レスクラスではプリントが多いので管理が大変です。

で、ファイル買いました。

あと、文法事項の説明は先生の言葉と板書だけなので、頼りになるのは自分のノートだけです。

・・・しかし、この自分のノートってのが案外頼りにならない。

ここで自習が大事ってことが痛いほどわかります。


私の状況ですが、

授業を受けて、必死でノートを取って、なんとなーく話せるような気になる。


その後、宿題(宿題は主に作文)をしようとすると、、、あれ?わかんない。


おかしいなー。と思ってノートを開くと、、、あれ?この単語の意味なんだっけ?
この動詞の活用なんだっけ?


思い出せ、脳!
と、必死で復習


で、宿題をやり始める頃には夜も更ける・・・。


といった感じ。

だから宿題にたどり着くまでが大変。

おそらく敗因は、授業中のノートの取り方です。

なぜ単語が読めないのか。
それは、アラビア語は文字+発音記号(主に母音を表すもの)があるのですが、授業中に先生が発音記号を省いていたり、私自身も書くのを忘れたり間違ったりするのでわからなくなるんですよねー。

さらに単語の活用や例文などもちゃんと書かないと、あとで見返す時に大変なんですよねー。

さらにさらに、動詞の意味がわからなくて調べ直す時に、辞書に載っているのが三人称過去形なので、この形を書いておかないと調べるのが大変なんですよねー。



というわけで、教科書レスな分、あとで見返すことも考えながらノートを取らなきゃいけないことにやっと気がつきました。

なので、以下の対策をとっています。

①授業中のノートは見返す専用だと思って、単語は後から読めるように発音記号だけでなく、アルファベットで読み方も書く。

②動詞は、辞書に載っている形(三人称過去形)も併せて書く。
これがないと、あとで調べる時に大変。
日本語でいうところの、辞書形を書き留めるような気持ちです。あとで活用変化を考えれば辞書形にできるけど、ちょっとめんどくさい。しかも私はまだアラビア語の辞書形への法則をイマイチわかっていません。

③ノートとは別に、動詞、名詞、形容詞・・・など品詞毎にまとめた単語リストを別に作る。

④アラビア語は「私は食べます」「あなたは食べます」・・・と人称によって動詞の形が変わるので、その活用の変化は自習ノートに書いて翌週先生に提出してチェックしてもらう。
(これ、本当は宿題として出ていたそうですが、わたしは気づかず今まで無視してました。反省)


などの対策で、どこまで成長できるのだろう?

ま、最大の効果が出せる自習にしていきたいです・・・切実。
がんばるぞー!
!! ابدل جهدي
(UBADIL JAHADI / がんばります)
スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。