もし日本語教師がアラビア語を勉強したら
日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編を経て、日本生活復帰編に突入します!

日本語学習者から聞いた話 「もっと話したい」

日本語教師の中で、「プライベートと仕事は絶対分けたい。学生とは学校以外で会いたくない」という意見の方もたくさんいると思います。
私も日本語教師になった時はそうでしたが、今ではあまり気にしていません。
SNSを利用していることもあり、学校以外で学習者と繋がるのはよくあることだし、学習者の話を学校以外のところで聞くのも結構好きです。どんなことに興味があるのか、どんな勉強をしているのか、どんな風に日本語を使っているのか...などなど。日本語以外の話ももちろん楽しいです。

今日は学習者から聞いた話で自分も忘れないようにしなきゃな〜と思ったことを書きます。

その学習者は留学生で、日本語を毎日4時間勉強しています。
留学生といっても年齢はかなり大人で、今まで仕事もやってきたしそれなりの大人です。私よりも年上です。
レベルは初級が終わって中級に入ったあたりです。
以下、悩める学習者の本人談まとめ。

「日本語の初級では毎日新しい文法、新しい語彙を学び、どんどんできることが増えていって自分の能力が上がっていくのを感じられたし刺激的でモチベーションも高かった。

でも、中級に入ってから急に成長が止まってしまった。

難しい表現や長文を読む練習、そして作文、、、スピーチ、、、プレゼンテーション、、、

机や本に向き合う時間が長くて刺激がなくなってしまった。日本語で話す時間が減ってしまった。
自分の能力が後退しているように感じる。
このままだと「本当の」日本語能力がなくなってしまうようで怖い...。」


まとめるとこんな感じでした。

これは中級ショック、とでもいうのでしょうか。
確かに初級は毎日が新鮮、毎日が成長!というのは当たり前だと思います。
だってその前がゼロに近いから!!

逆に自分で勉強している人は初級が退屈...という人もいます。

この学習者の場合は会話から学ぶタイプというか、会話を通して使いながら覚えていく学習スタイルなので中級以降の読解や作文に自分の成長が感じられないのだと思います。
プレゼンテーションは自分で興味のある内容について発表するので語彙も多くなるし、今まで勉強したことを使ってアウトプットする機会なのでこの人にも合っているのでは?と思いますが、もう心がクローズなのか効果が感じられないようです。。。

同じ授業で成長を感じる人もいます。

ただ、学習者に「退屈」と思われないためにはどんな授業をしたらいいのか、何が必要なのかを考えるいい機会になったのでメモしました。

この学習者はもっと会話がしたい、と言っていました。
会話とは何か?
あくまで「この話をしていた学習者曰く」ですが、「自分の言いたいことを言いたい」「使い古されたトピックではなく、今現在使えるトピックで話したい(例:アメリカの新大統領、移民、、、など)」「ディベートのように話すスキルを磨きたい」などなど。

政治的なネタ、好きな人いるよなあ。。。
確かに、「子供の時の思い出」とかよりも大人だったら政治や経済を話したいよね、と思いました。

この学習者が言う「本当の」日本語能力、と言うものが本当に正しいかどうかはともかくとして、学習者のニーズがあるなら話す時間を増やせるように努力しようと改めて思いました。




スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://h1roko.blog.fc2.com/tb.php/425-ba338bbe