もし日本語教師がアラビア語を勉強したら
日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編を経て、日本生活復帰編に突入します!

そうだ、大学院へ行こう〜説明会に行ってみた〜

「大学院に行くことになったんです(アルハムドリッラー)」
とご報告をすると、「えー、すごいね。前から準備してたの?」と聞かれることが多いのですが、あいにくそうでもありません。かなり行き当たりばったりです。

そもそも前回のブログにも書いたように今後の働き方や教師の存在について考えるようになり、「今後の教師のあり方や学習者たちのことをもっと知りたいなー」と思うようになりました。

とはいえ、具体的に考えていたわけではありません。

嘉悦大学で「ソーシャルネットワーキングアプローチ(以下、SNA)と日本語教育」というタイトルの研究会が開かれました。
そこでカリフォルニア大学の當作靖彦先生のセミナーがある、という情報を得たのでぶらりと行ってみました。
SNAは語学教育のこれからにつながると思っていました。
「語学は人と繋がることに意味がある」というメッセージがあり、「NIPPON3.0の処方箋」を読んでワクワクしたので是非直接お聞きしたい!と行ってみました。

そこでもちろん、お話も楽しかったのですが、貴重な出会いがありました。
私の友人Aちゃんは、もう1年以上前から大学院に行こうと決めていて、この日も参加していた友人たちに大学院の情報を聞いていました。私もなんとなーく一緒に聞いていたのですが、その中でAちゃんの先輩Tさんという人が大学院1年目だそうで色々お話を聞かせてくれました。
Tさん曰く、Tさんの大学院は人間関係が良く、いろんなゼミにも行けるし先輩が優しく教えてくれる、と言っていました。
私は研究といえば避けて通れない「統計学」なるものに恐怖を覚えていたのですが、「それも先輩たちが教えてくれるよ」とTさんは言っていました。

さらに、「近いうちに説明会があるから来てみなよ」と誘われて、Aちゃんと一緒に説明会に行くことにしました。


この時点で、私はAちゃんについて行くぞ。ぐらいの気持ちでした。
大学院には興味ありましたが、お金もかかるし、家族のこともあるし、仕事もあるし、、、

でも、説明会に行ってみて、教授と直接お話して、「面白いな!!!!」「大学院に行きたいな!!!!!」と思うようになりました。
何が面白かったのか、うまく言えません。
教授の雰囲気、応対が私にとってすごくいい感じでした。


あ、そう言えばその素敵な教授にインタビューさせていただきました。
詳しくはこちらをどうぞ。
「センパイ! 大学院って何をすればいいんですか!? Vol.2 大学教授のセンパイ《前編》」
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://h1roko.blog.fc2.com/tb.php/429-b7d8b072
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。