もし日本語教師がアラビア語を勉強したら
日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編を経て、日本生活復帰編に突入します!

特訓16日目 アナログも愛おしい

毎日5時間の授業を受けていると、新出語彙の数もぱねえ!

あるクラスでは毎週100語を覚えているとか。

私のクラスは会話中心なんで、出てきた単語を覚える・・・という感じで正確には数えてませんが、
新出語彙だらけの日はすごいです。

例えば、いきなり「体の言葉を勉強します」と、先生が言って、サラサラ〜っとホワイトボードにイラスト書いて頭がこれ、耳はこれ・・・と次々新出語彙が出てきて・・・

この日は軽く50語ぐらい出てきました。。。(- -;)

まあ全部覚えろ、と言うわけではないようですが、こんだけ一度に出てくるとさすがに頭がボーっとしてきます。


で、毎日単語が増えていくので当然覚えきれません。

で、作ったのが単語帳

本当はkeynote使ってクールにキメたかったんですが、今は時間がありません。
頼りはアナログパワー!

↓↓↓




いやー・・・アナログもいとおしいもんだ。

クールさは全くありませんが、書き足し、書き直しが自由自在。
何より時間がかからない!

この単語帳は、
①単語
②単語の読み方
③単語の意味
④その単語を使った例文

で、構成されています。
動詞の場合は、
④の前に、動詞の現在形、過去形の形も書いておきます。

これ、なかなか便利です。
これをわずかな移動時間に眺めたり授業中にわからないときは見返したりしています。

さらにこれを読み上げて録音したら、それだけでシャドーイング教材になります。
(今は読み上げる時間がなくて・・・週末にでも作れたら良いんだけど・・・)

このしわしわになっていく感じもいとおしい。
手塩かけてます!
単語帳にも愛を!
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://h1roko.blog.fc2.com/tb.php/43-0d6d6992