もし日本語教師がアラビア語を勉強したら
日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編を経て、日本生活復帰編に突入します!

特訓28日目 ナンバーワンに…?

特訓前のわたし
…文字がかろうじて読める程度。


特訓後のわたし






どや。


これは日記です。
まだまだ間違えが多いし、辞書がないと何も書けないけど…

でも一ヶ月前の自分と比べてかなりの進化ではないかと!

特訓開始後からほぼ毎日書いていたので、日記帳が二冊目に突入しました!

自分の記録が残るっていいね!

成長してる実感わくね!!



毎日日記の宿題があるのはいろいろつらいものです。

なぜなら日記に書くネタがなくなるから。

でも、同じネタを何度も書くのもいい勉強になると思います。

同じ単語を何度も書くと覚えるし、勉強した表現を使うと書ける内容がひろがってそれもうれしいし。

最初は辞書をひきながらじゃないと書けなかったけど、何度も書くうちに辞書なしで少し書けるようになったり…。


これは先生のアドバイスで、
「なるべく辞書を見ないで書く。それからもう一度見直して訂正する」
という勉強法?書き方?を教えてくれたからだと思います。


「他の人と比べてわたしって遅れてるかも…」

なんて思っちゃわずに、自分の中の成長を感じられたらモチベーションアップにつながりませんか?

この日記をみるとそんなことを思います。


ナンバーワンにならなくてもいい、君はもともと特別なオンリーワン。

なんて言う気はさらさらないです。
だってやっぱりナンバーワンがいいでしょう。

でも何がナンバーワンなのか。
自分にとってナンバーワンって何のことか…。

その基準が人によって違うことを忘れずに学んでいこうと思ってます。

あ、それがオンリーワンってことか。
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://h1roko.blog.fc2.com/tb.php/55-8d26f7b7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。