もし日本語教師がアラビア語を勉強したら

日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編、日本生活復帰編を経て、大学院編に突入します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしヨル出発前

さ、いよいよ「もし駆け出し日本語教師がヨルダンで日本語を教えたら」が始まりました!

わーいわーい!

と、喜んでいられるほど楽じゃない。

出発前のメインイベント・・・それは荷造り!!

しかもわたしは2年ヨルダンに滞在する予定で、かつ1度日本に帰れるかどうかわからない!という状況。
何を持って行くかどうか、常にファイナルアンサー?と隣り合わせです。。。

なんて言ってみましたが、実際ヨルダンの首都アンマンでは何でも手に入るとの前評判です。
デパートもあるし薬局もあるし市場もあるし・・・

だったら、現地で買えば良いので、その分日本語の教材をもっていこう!!

と、気合いを入れたものの、私の職場は日本語関係の資料が豊富で、参考書もそろっているとのこと・・・。


もー、なにもっていったらいいのかわからないよー(泣)


と、弱音を吐いていましたが、やがて悟りを開きました。


何か忘れたとしても、手元にないものは必要ないものなのだ、と・・・。



なんとかなるんです。

だってその国にいる人は、日本から荷物を送ることなく生活しているんですから。

なんとかなるなるー。
スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。