もし日本語教師がアラビア語を勉強したら
日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編、日本生活復帰編を経て、大学院編に突入します!

活動先紹介~JAAJ~

前回紹介したヨルダン大学で日本語を教えるのですが、大学はもちろん大学生が勉強するだけですよね?

ヨルダンでは意外と(すみません・・・)日本語を勉強したい人がいるので、そんな人たちのために一般公開されている講座があります。

その講座の受け入れ団体がJAAJ(ジャージ/JICA Alumni Association in Jordan/JICA研修員同窓会)なのです。

JAAJでは大学生だけでなく、子供から大人まで誰でも受けることができます。

教室はこんなかんじ。

週に1度1時間半の授業で、4ヶ月で1学期が修了します。
1学期20~25JD(3000円程度)かかる有料講座です。
レベルは1~5までですが、レベル5が終わった学生が「もっと勉強したい!」という声に答えて、現在はT先生が特別にレベル6の講座を開いているそうです。

レベルは1~5ですが、ゼロスタートから始めて順調に進んだとして、レベル5が終わるまでに2ねんぐらいかかります。

では2年かけたレベル5はどんなレベルか・・・というと、レベル5でみんなの日本語Ⅰが修了します。

つまり、2年かけて初級前半が修了。。。


うーん。。。いろんな意見があると思いますが、これはムッシュへルー(よろしくない)。。。

学生のモチベーション維持も難しいです。
もっと学びたい!という気持ちを無駄にしたくないです!

という気持ちが(きっと)過去にあったので、教科書が変わりました。

新教科書はにほんご45じかんです。

これは私が派遣される前に変更された教科書なのですが、この教科書を使うことによってレベル4までで初級前半の内容が網羅できるというすぐれもの。
より早めに中級へステップアップできるはずだ!という想いから現在移行中です。

JAAJは大学に比べて学習者同士のつながりが濃いように感じます。

例えば、兄弟、姉妹で受けに来る人が多いです。
そして、その兄弟同士、姉妹同士が友達であることが多いです。
そしてそして、つながりがつながりを呼んで、なんだかんだみんな知り合いってことが多いです!!

つまり、クチコミってやつなのかもしれません。

JAAJで日本語を勉強してつながりが深くなっているのか、
つながりが深いから日本語を勉強するのか、、、

いずれにしても、みんな「日本が大好き♡」という想いは強いです。
大学の単位や就職という概念にしばられず、「好き」を追求できる場所がJAAJなのかもしれません。

さ、がんばるぞー!
スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://h1roko.blog.fc2.com/tb.php/89-0ba1b113