もし日本語教師がアラビア語を勉強したら
日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編を経て、日本生活復帰編に突入します!

間接か、直接か・・・それが問題・・・なのか??

JAAJレベル1初日!
2クラスに分けたので、わたしのクラスは18人の学習者の予定でしたが、、、
今日事務所に行ったら秘書から「先生、今日は20人きます」と言われて、、、
あれ?増えてる?レーシュ(どうして)??

と、思ったけど秘書曰く、
「大丈夫、2週間後には15人、1ヶ月後には10人ぐらいになりますから!」
と、笑顔で言われた。

そして結果、初回授業に来たのは・・・16人!

ま、良い方でしょう!!

そんなことより問題は、わたしの教え方だ。

今までわたしは日本語で日本語を教えることしかしてこなかった。
いわゆる「直接法」という外国語で外国語を教える方法。
なぜかというと、日本にある日本語学校では共通の言語が日本語以外ない、、、という理由からだと思う。
とにかく養成講座でも日本語学校でもJICAの研修でも「日本語で日本語を教える!」
というのが絶対の法則のように今までやってきたと思う。

でも、自分がアラビア語を勉強して、アラビア語でアラビア語を教えられたら・・・
と、想像するだけでも恐ろしい。むりむりーって思うし、必要なかったらやめちゃいそう。
つまり、わたしは日本語か英語の助けを借りてアラビア語を勉強していた。
(目標言語以外の言語を使って教えることが「間接法」)

日本語も英語もなかったら、とてもじゃないけどアラビア語なんて・・・というのが正直な感想。


って考えると、、、

日本語で日本語を教えるべきなのか???

っていう疑問。

だってここはヨルダン。
教室に来る学習者は全員英語がわかる。話せなくても日本語よりは少なくともわかっている(はず)。

さらに他の先生方も決して日本語だけではなかった。
T先生はもちろんアラビア語を使っていたし、スライドは英語だった。
前任のA先生も日本語中心だけど、文法の大事な部分は英語だったし、初級では英語を多用していたらしい。
さらにさらに、過去の先生方が残したプリントを見たら、やっぱり英語やアラビア語の文字・・・。



じゃー、いっちょやってみっか!!



と、人生初の間接法に挑戦!!
さあ、いかに!?


。。。。orz



完璧に英語だけで授業を進められるほどの語学力がありませんでした・・・(爆)。



直接法が良いとか間接法が良いとかさ。



そんなこと議論する前に、自分の語学力考えよう

って反省の嵐。

でもさ、よく考えてみよう。
最初はスムーズだったよね、間接法。指示わかるし。意味わかるし。
でも疑問が次から次へと出てきて、その疑問を何でも先生にぶつけられて、
その都度わたしは答えて、横道それて、、、

と、コントロールが難しかった。
しかも答えるのに四苦八苦。

でも考えてみたら、日本語の場合も同じだよね。
限られた言葉で質問してきても四苦八苦して答えていたし、教師がどんなに日本語だけで話そうと思っても学習者が他の言語で質問してくる場合もあるし。。。

結局大事なのは明確な指示とスムーズに練習できるような流れをつくることなのではなかろうか。

その指示が何語だろうが、伝われば良いんだ、きっと。

そして今回は伝わらなかった。そこが反省。



ちょっとこれ、しばらく考えよう。いまは判断保留。エポケー。
さ。次回がんばろう。
スポンサーサイト

Comment

お疲れ様
メカヒヨコ日本語教師が奮闘してるのがなんとなくわかりました。
2012.09.12 18:56 | URL | Papin #- [edit]
Re: お疲れ様
Papinって誰やねん。って思っちゃった。ごめん遊ばせ。
パピンじゃなくて、パパンだったのね。
メカ以外にも奮闘の毎日ッス。
2012.09.12 23:29 | URL | hirokonihongo #- [edit]
こんにちは。元気そうで何より。僕は今超多国籍クラス。15人に10カ国のクラスです。直接法にこだわっていましたが、あまりにできないクラスなので大事なとこはこっそり英語も交えています。みんながわかりそうな英語で。
学習者の視点に立つと、そうした方がいいですよね。
2012.09.14 07:47 | URL | ぶっち #- [edit]
ありがとう!
こんにちわ。
こないだは、2件ほど、無理を言って
日本語教室へご案内させてもらいました。

先週は、ヨル大留学生Nちゃんと会って、
いろいろとお話を聞いたよ。
日本語会話教室、楽しかったみたい。

日本語教師は隊員で一人しかいないから、
日本人ボランティアと日本語学習者のヨルダン人の
架け橋となる、とっても重要な役目だよね。

ともあれ、これからもよろしく。
ぶち姐の友達で、もしかしたら
ヨルダンで働く・留学する・・などなどの日本人がいたら、
また、相談に乗ってくださいね。

では
2012.09.18 20:40 | URL | ぶち姐 #fkxczLn. [edit]
Re: タイトルなし
ぶっちさん
コメントありがとうございます。そうそう、なんか英語を使うと悪だ!みたいな印象を植え付けられていましたが、正直言って助けになるならなんでも良いと思います。頼りすぎは良くないと思いますが。
それにしてもお忙しそうですね!お疲れ様です!
2012.09.18 23:55 | URL | hirokonihongo #- [edit]
Re: ありがとう!
こちらこそ、紹介していただいてありがとうございます。
わたしも日本人と日本語を勉強している人たちが仲良くなれたら嬉しいです。
日本語教室はいつでもアハランワサハランですよ〜〜。
2012.09.19 00:01 | URL | hirokonihongo #- [edit]
No title
考えさせられる内容でした。

周りを見ても聞いても、いろんな意見があるし、悩みますよね、そこんとこ。
Re: No title
どっちでも生徒がわかればいいってことですよね。
ヨルダンでは特に決まりがないので、好きなようにできるのでいろいろ試して一番いい方法で授業を作っていきたいです。
2012.09.30 20:31 | URL | hirokonihongo #- [edit]
No title
それがいいと思います。
どんな方法でも、相性もあるし、学生と教師の双方の慣れもあります。
・・慣れてしまえば、不思議と学生って日本語で言おうが下手なアラビア語で言おうが、怪しげな英語で言おうが、わかってくれるんですよね。

学生と一緒にいた時、たまたま外部のヨルダン人と話すことがあり、必死で「アラビア語」で話していたら相手から「私は日本語がわからない」といわれてしまい、途方にくれかかっていたら、学生が私のアラビア語をヨルダン人に通訳していました。
Re: No title
> 学生と一緒にいた時、たまたま外部のヨルダン人と話すことがあり、必死で「アラビア語」で話していたら相手から「私は日本語がわからない」といわれてしまい、途方にくれかかっていたら、学生が私のアラビア語をヨルダン人に通訳していました。

それ、あります(汗)
下手な言語でも伝わることってありますよね。ありがたや。
2012.10.05 17:23 | URL | hirokonihongo #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://h1roko.blog.fc2.com/tb.php/94-a9625d16
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。