もし日本語教師がアラビア語を勉強したら

日本語教師とは語学のプロ(のはず)。そんなプロ(の駆け出し)が語学に挑戦したら、どうなる?をテーマに始めたブログも、アラビア語学習編、ヨルダン生活編、日本生活復帰編を経て、大学院編に突入します!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌から学ぶ日本語

君が好き〜♪ 君が好き〜♪

いや、愛の告白ではありません。

最近、先輩の意思を継いで、授業の開始時に歌を流しています。
A先輩は普段、日本語に触れる機会のない学生の日本語スイッチを入れるため、
そして文化紹介の一環として毎回音楽を流していたそうです。

あれですね。スキーマの活性化ですね。

で、わたしもマネしよ〜と思って歌を流し始めましたが、これがけっこう大変。。。
なぜなら、ただ流すだけではなく、歌詞カード(日本語&英語)を用意しなければいけないから。

でも最近ちょっとコツをつかんで、少し簡単になりました。
(コツについては言えません)

そして、ついでに導入もできたらいいな〜と思って、その日勉強する文型、
もしくは前回導入した文型が歌詞に入っている歌を流すようにしてみました。

これまた、ちょうどいい歌をさがすのが大変なんですが・・・。


というわけで、いままで流した中でいちばんイケているのではないかと自画自賛なのが、
Mr.Childrenの「君が好き」
*ブログの冒頭の謎の歌は、この歌のサビです。

文型はもちろん、「〜が好き」です。



歌を聞き終わってから感想を聞きます。

そして、「タイトルは【君が好き】です。意味はわかりますね?」

と、確認してから、

じゃ、皆さんは何が好きですか?」と質問(我ながら強引!!)
学生も苦笑しつつ、答えていました。

こんな導入、復習もおもしろいのではないでしょうか??

A先輩、素敵なアイデアをありがとうございます!

スポンサーサイト

Comments

いいですね。歌。
僕はドリカムはいいなって思います。LoveLoveLoveは初級中盤でいけます。あと、未来予想図、Ⅰ、Ⅱz
。聞き取りやすくて歌詞も結構わかりやすい。その視点で聞くとゆずは意外と小難しい言葉を挟んでくるし、変わった拍取りをすることがあるので厄介。いつか、とか良さそうだったんだけど。
うちの奥さんはミスチルのGIFTを歌詞を勉強して覚えました。表現方法が独特で日本人の考え方がわかっておもしろいって。授業では比喩の解釈、ってとこまで落とし込むのがなかなか難しいですが、おもしろいですね。スピッツなんて日本人でも難しい。
うちの学校では卒業式にいきものがかりの歩いてゆこうを歌いました。
初級でもサビだけは何とか歌えるので、意味は英語、中国語、韓国語を用意して、授業で練習しました。
上級とかだと、ヨルダンの歌をグループワークで日本語にしてそれぞれのグループでの歌詞の発表とかも良さそうですね。同じテーマで違う解釈がでで、そこからディベートが始まる。
あ、神田川、なごり雪、フォークはいいよ~。アニソンもおもしろいかも。タイではみんな一休さんとドラえもんを耳で覚えてて歌えてた。ヨルダンにもそういうのあるかもね。

2012.10.05(Fri) 17:12       ぶっち さん   #-  URL       

Re: タイトルなし

そうそう、スピッツって難しいですよね。
ドリカム、使ってみます。アドバイス、ありがとうございます1

2012.10.05(Fri) 17:27       hirokonihongo さん   #-  URL       

Post A Comment

What's New?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。